風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

歌学之事

泣きそうな笑顔を乗せて君の征く馬関海峡行きの終列車  福光雲母

泣きそうな笑顔を乗せて君の征く馬関海峡行きの終列車 福光雲母

木枯らしの 吹きすさびし 荒れ野にて いつか世に出るを 夢見る

木枯らしの 吹きすさびし 荒れ野にて いつか世に出るを 夢見る 福光雲母

朝日浴び 白銀色に すすき燃ゆ。 もうすぐ終わる 俺の通勤路 

朝日浴び 白銀色に すすき燃ゆ。 もうすぐ終わる 俺の通勤路 福光 雲母

風はつぶやく   福光雲母

風はつぶやく 福光雲母 ひなげしのことは忘れた 写真も無かったし 記憶に閉じ込めても 薄れてゆくものだなあ その残り香とともに まあ いいか また いつか会うこともあるだろ それが「風と春の物語」 であるならば

清瀬川三首       福光 雲母

清瀬川三首 福光 雲母 清瀬川 桜並木の夕暮れの 俺待つお前の元へ、今帰る。 清瀬川 俺のふるさと ほろ苦い 右に菜の花 左に桜。 清瀬川 今が盛りの菜の花の 黄色い笑顔。信じていいのか?

大地の春       福光雲母

大地の春 福光雲母 忘れたい 忘却はいつ来る 想い出が多すぎる この枯れ草のつまった脳には 頭を振ってみろ カサコソと音のする そのお前の脳には 水でもやるか また、青い芽を出すために

散らす風 散る桜花 ともどもに潔く吹け 潔く散れ 金子文子

散らす風 散る桜花 ともどもに潔く吹け 潔く散れ 金子文子

初恋 福光雲母。

初恋 福光雲母 甘酸っぱかったような気がする 確かに・・・・ 古いアルバムを時々開く 恥ずかしさが部屋いっぱいに広がる 林檎の匂ひだ 檸檬の匂ひだ 笑ってしまう 時間が逆転していく 空間がねじれていく 今日 きっと いい夢を見るだろう

略拝詞

略拝詞(りゃくはいし)|祝詞を奏上してみしょう-祝詞講座 https://www.youtube.com/watch?v=BNJMVPMidZs 払いたまい、清めたまへ、かむながら、守りたまい。さきはえたまへ。

敷島の大和心のををしさはことあるときそあらわれにける       明治天皇の御製

敷島の大和心のををしさはことあるときそあらわれにける 明治天皇の御製 https://www.youtube.com/watch?v=7cCuVXsZvBA 日本映画『二百三高地』(1980) 予告篇

風門に集い来たりし益荒男の荒振る魂振る貌清々し 福光雲母

風門に集い来たりし益荒男の荒振る魂振る貌清々し 福光雲母 最近、時々だけど、俺って、なんで武道とかやってるんだろうと思う時がある。 俺のレベルで、小なりとは言え、道場を主催するのは骨が折れる。 とにかく、一番の苦労は人集め。 何事もそうだが、集…

君がため死ぬる骸に草むさば赤き心の花や咲くらん   河上彦斎

君がため死ぬる骸に草むさば赤き心の花や咲くらん 河上彦斎

さだめなき世なりと知るも草莽の 一筋の道かはることなし   

さだめなき世なりと知るも草莽の 一筋の道かはることなし 野村秋介 昔は、三島先生や野村先生の自決の意味が分からなかった。しかし、先人は、偉大だった。寸部くるい無く、先師の杞憂した通りの日本になっている。 民族に対する愛と怒りがないまぜにならな…

虹を追う人  福光 雲母

にじいろ - 絢香 Ayaka(フル) 虹を追う人 福光 雲母 子供の頃。虹を見ると 不思議でならなかった あの虹の下はどうなってるんだろう? どこまで行けば、あの虹のたもとに たどり着けるんだろう? とか。とか。 大人になって、水滴に光が反射して見える 幻…

放課後に             福光 雲母

川嶋あい / 旅立ちの日に・・・(Lyrics) 放課後に 福光 雲母 ある日の放課後、音楽室で 卒業の歌が流れている常連の店・・・いつもの駄菓子屋?中学生の歌にしては、少し大人びているような。今時はこんな歌を歌うのか? 膝に乗ってくる奴のぬくもりを、 …

朝一杯、こーひーを飲み。新聞を読む。そういう時間の持てる幸せ。 

朝一杯、コーヒーを飲み。新聞を読む。そういう時間の持てる幸せ。 福光 雲母

マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや

マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや 寺山修司の有名な歌。好きな歌だが、考えは俺とは、真逆だ。恐らく、寺山は、そういう祖国はないと言う、この時代特有の平和ぼけ、反民族主義的な言動がかっこいいと言う、米帝洗脳工作の元、時代…

年々歳々花相似 年々歳々、花相い似たり 歳々年々人不同 歳々年々人同じからず不思議なことに、毎年、春になり、水仙の花を見ると、この詩句を思い出す。仕事場の先輩だった人がが好きな詩句で、俺がその現場に着任した際の、迎えの言葉でもあった。毎年、花…

すすき燃ゆ白金色の川原の もうすぐ終わる俺の通勤路

すすき燃ゆ白金色の川原の もうすぐ終わる俺の通勤路 福光雲母

俺に是非を問うな 激しき雪が好き     野村 秋介

2016・如月 九州豊前香春福光ため池 俺に是非を問うな 激しき雪が好き 野村 秋介 冬の福光谷 2016年如月撮影 行政上も、今も池の正式名称は、福光ため池 福光党の痕跡を唯一残す。公的な証。

御民 ( みたみ ) われ 生ける 験 ( しるし ) あり 天地の栄ゆる時に 遭へらく思へば

御民 ( みたみ ) われ 生ける 験 ( しるし ) あり 天地の栄ゆる時に 遭へらく思へば (万葉集 6-996 ). 【通釈】 天皇の民である われわれは、生きている甲斐があることよ。天皇陛下と共に天地が栄える時に、生まれ 合わせたと思うので感謝。

夢で逢い。俺に抱かれて、上気する。あなたとの秘密。「月と6ペンス」 

夢で逢い。俺に抱かれて、上気する。あなたとの秘密。「月と6ペンス」 福光雲母

夢で見る。若葉匂ふ唇を、震えながら、盗んだ日のこと。

夢で見る。若葉匂ふ唇を、震えながら、盗んだ日のこと。 福光雲母

ふと見れば 河津の桜 咲く弥生。この温もりの 時間胸に抱く。

ふと見れば 河津の桜 咲く弥生。この温もりの 時間胸に抱く。 福光 雲母

祓詞

目に見えぬ 神にむかひて はぢざるは 人の心の まことなりけり 

目に見えぬ 神にむかひて はぢざるは 人の心の まことなりけり 明治天皇は「神様に恥じない心こそ日本人の誠である」と詠まれ、日本人はこの御製を実践する。これが我が国柄であり、國體の精華である。 https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34075803.html?…

九州豊前勝山七曲がり峠 九州豊前勝山 七曲峠桜並木道にて詠む。 七曲 峠の桜 群雲の 九十九折りにて ここに至るか? 福光 雲母

一面に蓮華の花の咲き乱れ、などて心騒ぐ春の夕暮れ

一面に蓮華の花の咲き乱れ、などて心騒ぐ春の夕暮れ 福光雲母

千日紅 燃ゆる紫 炎天下 <色あせぬ愛>を あなたに誓う。

千日紅の花言葉を知るの日に詠めり。2018・8・18 千日紅 燃ゆる紫 炎天下 <色あせぬ愛>を あなたに誓う。福光雲母

祓詞

祓詞