日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 風門館公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋 護身・総合格闘技・古武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

2019-05-28から1日間の記事一覧

格闘フェスタ2018・第32回セイフティ格闘技選手権大会。巴戦第二試合。解説。

格闘フェスタ2018・第32回セイフティ格闘技選手権 無差別級第2試合。 https://www.youtube.com/watch?v=wD39ul3MO7E 格闘フェスタ2018・第32回セイフティ格闘技選手権大会。巴戦第二試合。解説。 試合が終わったのが11月11日。無差別巴戦の解説…

菊野先生。

Katsunori Kikuno Best Highlight 2017 https://www.youtube.com/watch?v=pM7Q5kUR0nA

小さな勇気

豊前福光派古術 相伝最終行法 他流試合百本取 グローブ空手偏1 2008・12・21記す。 https://www.youtube.com/watch?v=GQfehj0bC8A 私は、38歳の時に初めて、グローブ空手のコートの上に立った。私は、ローキックのある日本拳法道、軽量防具の日本…

風門之儀2018・出陣之儀。

平成30年11月4日。日曜日。快晴。於香春町峠の茶屋小呉 昨日、日曜日は、稽古の後。そのまま、香春の峠の茶屋小呉で、恒例の出陣式。 今年は、参加者が少なかったので、普段お世話になっりぱなしの雷電流の雷電師範を招待した。 また、風門OB・OGで…

格闘フェスタ2018・第32回セイフティ格闘技選手権大会。

平成30年11月11日。日曜日。快晴。於福岡武道館 格闘フェスタ2018・第32回セイフティ格闘技選手権大会。 出陣 福山千手丸三段。無差別3人リーグ戦。 結果:第2試合対誠王会 延長判定負け。第3試合対唐武会 1P負け。 見届け:福光雲母・田中木霊丸…

2012年 小津獅子舞太刀(5/9)-太刀遣い(天然理心流棍法(棒術))(3/4)

2012年 小津獅子舞太刀(5/9)-太刀遣い(天然理心流棍法(棒術))(3/4) https://www.youtube.com/watch?v=tQSmZX3qr0M 以下動画の説明引用 天然理心流は剣術に加えて棍法(棒術)・柔術・気術を備えた総合武術であり、剣術・棍法・柔術の三術は、二代近藤三助か…

豊前福光派古術 滝落・肩担 in福智町武道館2018・12・2 https://www.youtube.com/watch?v=lK_ha4Mo2yQ&t=99s 平成30年12月2日 日曜日。午前の部。田川郡福智町武道館 行者:木霊丸氏・千手丸氏・常磐丸氏 稽古内容:体術総合・体術古伝 豊前福…

豊前福光派古術 素手第二法:取手・背後潜取

豊前福光派古術 素手第二法 取手 背後潜取 https://www.youtube.com/watch?v=QJHkzYXcdIQ 豊前福光派古術 素手第二法。取手。背後潜取 俺的な病気の一つが30年くらいやってない古術の技をさっちがやりたがって、しかも、恥ずかしげも無く動画に挙げること…

日常における護身のエトセトラ。

今年の備中御更衣で、一番びびったのが、ホテルのPCでFBにログインして、ログアウトができなかったこと。普段は、家のPCでやってるから、ログインしたまま、状態で、ログアウトの仕方を知らないと言うことに、その日気がついた。ログインして、×で、閉…

格闘フェスタ2018・第32回セイフティ格闘技選手権大会。巴戦第三試合。解説。

格闘フェスタ2018・第32回セイフティ格闘技選手権 第3試合。 https://www.youtube.com/watch?v=zbdx7LdNrqU&t=60s 格闘フェスタ2018・第32回セイフティ格闘技選手権大会。巴戦第三試合。解説。 今年の日本拳法道福岡武道館大会・無差別級は、三人…

鎌倉古流2代目:豊前福光派古術13世 田村圭一郎さんの事。

豊前福光派古術相伝第十三代は、与五郎さんとなっているが、この人は、早世している。しかも、酒飲みで、仕事もろくにせず、芸法・言振りともろくに、できず、覚えずで、名前のみの相伝者である。恥をさらすようだが、明治の末から大正頃になると、豊前福光…

木枯らしの 吹きすさびし 荒れ野にて いつか世に出るを 夢見る

木枯らしの 吹きすさびし 荒れ野にて いつか世に出るを 夢見る 福光雲母

朝日浴び 白銀色に すすき燃ゆ。 もうすぐ終わる 俺の通勤路 

朝日浴び 白銀色に すすき燃ゆ。 もうすぐ終わる 俺の通勤路 福光 雲母

風はつぶやく   福光雲母

風はつぶやく 福光雲母 ひなげしのことは忘れた 写真も無かったし 記憶に閉じ込めても 薄れてゆくものだなあ その残り香とともに まあ いいか また いつか会うこともあるだろ それが「風と春の物語」 であるならば