日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 風門館公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋 護身・総合格闘技・古武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

男たちの風門祭2019 君はリスクを取ったことがあるか?


第5回風門祭日本拳法道錬成大会 軽量級第三試合

 

https://www.youtube.com/watch?v=sVamSdiPGy0

 

男たちの風門祭2019 君はリスクを取ったことがあるか?

 

私は、41歳になる2週間前まで、現役で試合をしていた。1999年3月半ば。アクシオン福岡メインアリーナ中央に立つリングの上。九州全域から集まったアマKBの61k-級。それが、最後の試合となった。

 

その後、私は何をし始めたとかというと。やはり、別の場所で、リスクを取りに行くことになった。引退から、2年の後。01年5月30日・TOKYO市場で、マーケットの足軽端武者として何の知識も無くいきなりデビュ-。そこから今日に至るまで、ハラハラドキドキを日々味わう羽目となる。病気だよ。ったく。

 

根がチキンだから、競技武道時代と同じく、勝つことより死なないことを前提にやってる。NYのテロの暴落。03年からの上げ相場。リーマンショック。東北の大震災。安倍バブル。このことごとくに参陣したり、巻き込まれたり、逃げ遅れたり、吹き上げられたり。しかし、今日もまだ生き延びている。

 

性分だなと思う。競技武道時代の発想のまま、人生を過ごし、市井に暮らす凡夫としては、話すとけっこう波瀾万丈な生活を送っている。

 

だから、私は、評論家が嫌いだ。リスクを取ったことのない人間から指図されると虫ずが走る。

 

机上の空論は信じない。信じるのは、理論より。リアル。

 

競技武道は恐くて、20代を形稽古中心で、過ごし、何を血迷ったか31から競技武道・格闘技の世界に足を踏み入れた。確かに、そこは、文字通り弱肉強食のジャングルだった。生き延びるために知恵を絞り、技を磨き、肉体を鍛錬する。必死にならないとやっていけない。その感じが好きだったんだろうと思う。

 

しかし、リスクには許容度というものがある。今回の第5回風門祭。この軽量級第3試合エボルート小倉ジムの内藤選手の勇気を賞賛すると同時に、やはりマスク&プロテクターだから、成立する試合だと思っている。

 

禅道会熊本の松田選手。内藤選手も後々知っていくだろうが、九州では名の知れたリスクテイカー。軽量ながら、無差別でも平気で闘うので、以前から尊敬していた。

 

42歳・今大会最軽量で経験年数1年の内藤選手。対する松田選手39歳・67kと軽量ながらキャリアが違いすぎる。「他流試合の帝王」私がかってにつけたネーミングだが、当たらずとも遠からずの経歴の持ち主である。

 

こういう試合が成立するのも防具付きポイント&KOルールだからである。ここが、日本拳法道ルールの魅力だ。

 

激しくど突き合うが、やはり防具のおかげで、安全性が担保されている。しかし、相当痛い。6オンスグラブで、このマスクを叩くと、頭が金槌で叩かれたみたいに嫌な痛みを感じる。胴もけっこううっとくる。それに、道具はずれに対する攻撃は、背面以外全て可。ローキックとか、ばんばん蹴ることが出来るし、もちろんカットも本気。

 

やったことのある人なら分かると思うが、とにかく全身が痛い。

 

それをやったこともない格闘技フアンから、プロと比べてどうのこうのと言われると頭がおかしいんじゃないかと思う。

 

野球で、プロとアマチュアの草野球を比較する馬鹿はいないだろう。ところが、どうも武道を見る人の中に、変な幻想があるのか、プロとアマとの差が認識できていない場合があって、辟易する。

 

プロが凄いのは分かりきっている。見せて人に金を払わせるのがプロだ。厳しい世界で有り、アマの上に君臨するのは当然だろう。

 

だが、アマも、また厳しい。何しろプロと違い、アマチュアは金を払って出るのだ。一般的な相場だと6000円が多い。6000円だよ。もらうのでは無く、払って出るんだよ。しかも、怪我したら、全て自己責任だよ。

 

RIZINで佐々木ウルカと言う選手がアゴが折れた。本人のツイッターによると右で奥を折られ、アッパーで中を折られたとのこと。しかし、淡々とそれを書くから、やはりプロは違うと思った。

 

ちなみに、日本拳法道の福岡武道館大会でも、アゴが陥没したことがあった。また、アゴが折れたのを見たことがある。

 

金を払い、リスクを取って、さわやかに殴り合い、事故ったら、全て自己責任。

 

特に、アマの場合。仕事を失うかも知れないという最大のリスクを背負って、コートに上がる。よく「館長は大げさだ~あ~!!!」と言われるが、今回も一人鼓膜が破れた。

 

我々のようなアマでも、鼓膜やアバラの骨折は、怪我の内に入れない。足の骨が折れる・肘が折れる・後頭部を打つ・アバラが肺や内臓に刺さる・アゴが折れる・眼窩底骨折をする。こういう手術を必要とするような怪我が恐い。

 

その結果。失職となるともはや護身でも何でも無い。

 

実際に殴り合う。投げ合う。関節を取り合う。締めにいく。しかし、安全性は担保したい。この矛盾をどこでどうバランスするか?

 

その答えの一つが日本拳法乱取り競技法にあると考えている。

 

君はリスクを取ったことがあるか?と言う問は、同時に、護身目的の一般社会人でもリスクを取れる場を提供することと同義である。我々が、この日本拳法乱取り競技法を普及させたいと考えている最大の動機がそこにある。

 

風門の考えを理解し、ともにこのルールで、稽古・競技をしたいと言う団体・個人がおられましたら、是非お声をかけてください。

 

内藤選手・松田選手の健闘を讃える。2019・10・17 福光雲母拝。

 

 

 

 

プロという生き様。がしかし、アマにはアマの厳しさがある故にの事。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000012-gbr-fight

 

RIZINで、佐々木ウルカと言う選手が顎を骨折したとのこと。プロは命を削って、試合をすると言うが、文字通りで戦慄している。

 

やはり、格闘技のテッペンは危険に満ちあふれている。

 

だから、アマは、マスク&プロテクターと言うのが、日本拳法道の主張なのである。

 

ちなみに、マスクを付けていても、顎が陥没するという事実をご存じだろうか?

 

たしかに、めったに起こらないが、日本拳法道福岡武道館の第1回か、2回大会で、それが起きた。

 

プロと違って、アマは、お金をもらうのでは無く、お金を払って試合に出る。6000円台。しかも、その上、怪我したら、全て自己責任である。

 

上場企業の場合。辞表を書いてから出場しろというところが大半だ。

 

プロが命を削って試合に出るなら、アマは事故ったら失職というリスクを背負って、コート。もしくはリングに上がる。

 

事の重大さは変わらない。

 

だから、防具付きで安全性を担保しているにも関わらず、年々、出場者が減っている。

 

そういう、時代だから、私は草の根のアマに目を向けているし、その勇気を記録したいと思っている。

 

市井の凡夫で有りながら、なお闘おうとしている草の根のアマを支援する。それが風門スピリッとである。

令和元年 第5回風門祭兼豊前福光派古術初穂之御更衣 元手変手稽古披露


令和元年度 第5回風門祭 豊前福光派古術 変手稽古(太刀振)演武

 

https://www.youtube.com/watch?v=6IybFZIMkSc

 

令和元年 第5回風門祭兼豊前福光派古術初穂之御更衣 元手変手稽古披露

 

風門祭は、日本拳法道の大会だが、実は、福光流にとっては、初穂之御更衣を兼ねている。

 

日本拳法道に寄生しなければ、古術は生き残れない。中学から、日本拳法道に入門する31まで、約15年間。剣道・フルコン系空手・八光流柔術合気道2会派・沖縄小林流と修行したのは、それぞれ、理由があるが、根底には、どこかの武道で5段を取り、その支部道場を開設して、門人を集め、そこで古術も教えたい。

 

そういう下心があって修練に励んだ。結局、最終的に、日本拳法道が続いたのは、古術と最も相性が良かったからである。

 

28歳の時に、他にいないから仕方なく的な理由で、16世を継いだが、心は納得していなかった。俺だって、一人前の跡継ぎになりたい。その強烈なコンプレックスが、私をして、日本拳法道ルールおける他流試合に走らせた。

 

よく闘ったと思う。日本拳法道6回・硬式空手4回・グローブ空手2回・アマKB2回・真武館1回。記録に残らない非公式道場デスマッチ他流つぶし合いの回数は数が多すぎて、もはや覚えていない。31~41になる2週間前まで、己の持っている全てをぶつけて競技の世界に没入した。

 

その、経験・体験を通して、今の私の古術がある。時代背景が違うので、歴世古術者からは、所詮ままごとと言われることは承知で、褒めてもらいたい。

 

しかも、おかげで、まだ生き延びている。しかも、とうとう日本五大捏造流儀にもランクインした。

 

豊前福光党は、福光党男系男子・古術者による思想・信仰・政治結社でもあった。だから潜っていた。最近、忍者を売り物にする時代になったが、忍びとは、隠れてるいるから忍びであって、表に出たらもはや忍びではない。

 

平和な時代なんだと思う。喜ばしいことだとも思う。それでいいのだと思う。

 

長々と前置きが長い、自分の文章が嫌いだが、この動画で、俺的な凄さを感じて悦に入っていると言うことを残したかった。

 

古術の変手稽古は、形稽古と乱稽古の中間を狙った稽古法で、古術は、<変手稽古を専らとする。>というくらい重要な稽古法である。

 

しかし、この稽古法が出来るまで、当然、形稽古で基本が出来ていないとうまくいかない。

 

木霊丸氏、日本拳法道で、門下に入ってきた。30過ぎ。その頃、私は、誰にも古術のことは明かしていなかった。だが、彼だけは、薄々私の秘密を感づいていた。

 

だから、彼には話し、しかも、こういう流儀が世に出ると、必ず捏造流儀と叩かれますが良いですか?と言ったら、それでも古術が習いたいと言った人である。

 

拳法門下で25年。古術で10年。動きが古術らしくなった。そして、私、毎回風門祭の度に30年ぶりくらいのことをやりたがるのだが、今回も流れで、太刀を持った手で受け身を取るという奇跡を起こした。

 

身体というのは覚えているもんだなと我ながら感心している。

 

この動画は永久保存版だ。次やれるかどうか自信はない。しかし、動画に残ってる以上、古術が生き残れば研究する者が現れるだろう。そして、その難しさに嘆じ得るだろう。何ということのない芸だが、やるのは意外と難しい。

 

しかし、この動画はいい。古術の本質は、剣体術にある。それを変手勝ちという。

 

一般の剣術が切っ先三寸の芸と言うなら、古術の元手(太刀術)は、その切っ先三寸の内側に入る芸である。

 

相撲になったら絶対に負けない。それを前提に得物術が出来ている。

 

片田舎の百姓流儀ながら、江戸期の武家流儀にも劣らないと密かに自負している。

 

たかが二人で稽古している。無名・権威無しの流儀が、あえて日本五大捏造流儀にランクインされたのも、注目を浴びる何かがあるからでは無いかと思っている。

 

古術福光派捏造疑惑騒動。歓迎である。

 

風門館連絡事項2019・10・16 11月より全て福智町武道館。

f:id:huumonkan:20191016143358j:plain

 

風門館連絡事項2019・10・16 11月より全て福智町武道館。

 

今まで、月2回しか貸してもらえないと言われてきた福智町武道館ですが、規約の改正があったのか、今後は、毎週貸してもらえることになりました。

 

つきましては、11月より、福智町の行事などが無いときには、福智町武道館。行事などがある場合は、大任町B&Gと言う形で運営していきます。

 

10月20日日曜日 10:00~12:00 予定通り 福智町武道館。

10月27日日曜日 10:00~12:00 予定通り 大任町B&G

 

11月以降は、基本全て福智町武道館。

男たちの風門祭2019 私のヒーロー

f:id:huumonkan:20191015184005j:plain

令和元年10月6日 第5回風門祭パンフレット

今、世間は、ラクビーのワールドカップで盛り上がっている。もちろん、私も、もともと、ラクビーやアイスホッケーなどのコンタクトスポーツが好きなので、TVに日々かじりついている。

 

その一方で、一抹の寂しさがある。確かに、世界最高峰のフィジカルの激突は見応えがある。しかし、あなたにできるのか?見るだけの観客で良いのか?

 

見て、熱狂することも大事だが、自分がやる側に回ることを考えず、見るだけで満足していたら、かってのローマと同じ、滅びの道をたどるのでは無いか?

 

人に闘わせ、自らの身体は痛めず、選手と一体化して、満足感を得る。アバター化していないか?

 

私は、そういう見るだけの文化が嫌いだ。草の根であっても、自ら汗をかき、身体を痛め、奮闘する。そういうものに強く憧れを抱く。

 

私も、競技者としてのデビューは遅かった。何しろ31歳。平成元年の秋。第4回日本拳法道福岡武道館大会(現在の格闘フェスタ)が、初陣であった。

 

しかし、形稽古の流儀は、5歳の頃からやっている。福光流古術・剣道・空手・沖縄小林流八光流合気道

 

その修練の上で、コートに立った。よく、世間では、防具だから安全でしょうと言われるが、逆に言うと、日本拳法道ルールを防具無しでやったら、アマとしては、日本最高峰の難易度になる、そういうある種過激なルールなのである。しかも、他流試合。

 

マスク&プロテクターで、安全性を担保している。だが、祖当痛いし、KO・Okルールであり、基本ポイントで勝とうとか思って出る選手はいない。マスク有りでも、KO出来るのを知っているから、皆、KO狙いで出てくる。そういうルールである。

 

今回、9名の選手が、参加したが、こうやって、今年の風門祭を振り返っても、私にとって、エボルート小倉ジムの内藤選手は光っていた。

 

40歳代・経験年数1年ほど。しかも、9名中、最軽量。よく出たなと思う。

 

恐らく、内藤選手。まだ自分の闘った相手の履歴を分かっていないと思うが、実は、二人とも手練れ。

 

にも関わらず、臆せず闘った内藤選手の姿が忘れられない。

 

アマの草の根には、それぞれ事情がある。内藤選手の事情は、私の知り得ないところであるが、40過ぎて、こういう場に出てくるには、何かしら、本人の中で、燃え尽きないものがあるのでは無いかと勝手に推察している。

 

私が、そうだった。だから、私は、やる側の草の根を大切にしたいと思っているし、自分もかって、たとえ草の根であっても、やる側だったと言うのが、ささやかなプライドである。

 

にも関わらず。その内藤選手を選手一覧で名前を落とすというミスを犯してしまった。また、エボルート小倉ジムの名前をミスるという二重の過ちを犯し心が痛い。

 

試合に出た選手にとっては、自分の名前が記載されたパンフレットは、宝物である。

 

風門祭は、手作りのミニ大会である。しかし、地方・無名ミニ大会としては、けっこうなハイスッペクだと自負している。

 

だからこそ、そこに名を連ねたはずの自分の名前が無いと言うのは、耐えられない。

 

安心してください。誤植を訂正して、既に印刷をしています。しかも、高品位の紙をあるだけ使いました。エボルートの分、8冊。綴じ合わせるだけの段階まで来ています。

 

目が悪いので、頻繁に、誤変換・誤植をやらかすが、皆さんの優しさに助けられています。ありがとうございます。

 

そして、今回の内藤選手。雷電選手の闘いを見ながら、リスクを取りに来たものには、何らかの形で報いたいと考え、大会最高齢・最軽量の選手で、賞状をもらえなかった選手には、敢闘賞を贈りたいと思っている。

 

パンフレットと賞状が完成したら、エボルート小倉ジムに贈ります。

 

当時は、無差別で32人ほどのトナメントであった、第4回日本拳法道福岡武道館大会。1回戦でどこかのでかい空手の黒帯を撃破し、2回戦で、日本拳法の細い若手に膝をつくダウンで敗北をした翌年。

 

第5回福岡武道館で、無差別級ベスト8。敢闘賞もらった日の事が今でも忘れられない。「健闘を讃える」日本拳法道の素っ気ない文字が、心に染みてくる年頃になった。

 

敢闘賞には、ただそれだけ、「健闘を讃える」で報いたい。

アマ修斗全日本。


第23回全日本アマチュア修斗選手権大会 公式トレーラー

 

https://www.youtube.com/watch?v=KolwQ1hIOnI

 

私は、裸体の格闘技に関心が無い。これは、技術がと言うより文化的な嗜好なんだろうと思う。

 

日本人には、道着の文化の方が映えるというのが私の考えだ。しかし、童子丸氏が入門してから、アマ修斗にも関心を抱くようになってきた。

 

しかし、修斗もすごくなったものだと思う。佐山先生が創始した頃をリアルタイムで知っているだけに、ここまで、組織的に発展しているのだと知って、驚きを禁じ得なかった。

 

ある意味。王道を言っている。アマの地方大会から始まって、アマの全日本。その後のプロと言う道筋。

 

こういう世界があっていいなと思っているところだ。童子丸氏の夢は、プロシューターになるとのことだ。

 

風門が、彼の夢の実現への道程で、いささかでも力になれるのなら多いに加勢したい。

 

アマの全日本修斗。そこへ出て行くだけでも夢にあふれた世界だ。

 

23回目のアマ修斗はここまで発展し、今年で第33回大会を迎える日本拳法道が何故ここまで衰退したのか?

 

繰り言を言っても仕方がない。己の出来ることを地道に己の場所でやるしかない。

 

日本拳法道は、私にとって、理想の競技武道だ。日本拳法道と福光流古術の併伝が私の理想で有り、そのための風門館である。

 

古術を後世に残すことも私にとっての使命だが、日本拳法道を復興させるのも使命だ。私が、今あるのは、木立先生と日本拳法道のおかげだ。小なりとは言え、一国一城の主にさせてもらった恩義を返したい。

 

まずは、日本拳法道の存在自体を世に知らしめたい。老いていく最後の道を日本拳法道復興のために使うつもりだ。

体験入門3人有り。体術総合。10月13日。


第5回風門祭日本拳法道錬成大会 中量級第一試合。

 

https://www.youtube.com/watch?v=kidZJhyQ3I4&t=5s

 

令和元年10月13日。日曜。午前の部。晴れ。於田川郡福智町武道館。

 

行者:常磐丸・童子丸(仮名)・S君。

体験入門3人。

 

掻取:童子丸・体験入門者。組討:指導・常磐丸氏 鉢返・鉢落

当身拳法素振12箇条

稽古内容:体術総合

 

今日は、指導員が全員休み。そういう時に限って、体験入門が3人も来るから、不思議なものだ。風門祭で負傷した常磐丸氏に急遽無理を言って出てきてもらい、体験入門者の指導にあたってもらった。

 

童子丸氏と体験の一人(KB経験有り)は私が指導。

 

11月10日の第33回日本拳法道福岡武道館(格闘フェスタ2019)へ向けて、寝技でのポイントの取り方を指導。

 

童子丸氏は、アマ修斗の経験から、寝技の打撃は、腹部にする癖があるというのが判明。日本拳法道ルールでは、寝技における腹部への空撃は、まず取らない。そこで、袈裟からいかに極めるかを3手(福光流掻取から、白拍子取り、裏拍子取り、襷固め。)とそこからのマウントを取っての面への空撃。横蜘蛛からの膝による空撃のやり方。計5手を授ける。

 

ルールの違いを把握して、対応する。あるいはできるのが、プロ志向の人間のやることだと思う。アマで終わりたくない人間には、やはり。私でも厳しい言葉を浴びせる。かって、総合のプロになったK氏などは、やはりプロになるだけの精神の厳しさ・強さをもっていた。

 

風門は、プロを育てる場所ではないが、プロ志向の人間には、当然、それなりの厳しさを要求する。まずは、福岡武道館を落とすこと。そこが出来ずにプロはあり得ない。

 

今後も、心を鬼にして、童子丸氏の夢を叶える一助でありたいと考えている。

 

今日の体験入門のうち一人は、私の知り合いのため、それなりに技をかけたら、紙くずのように飛んでいった。普段。体重85k以上を相手にしているため、50k台は、ほんと紙のように軽かった。

 

ローも軽く蹴ったら悶絶していた。老いたりとはいえ、稽古を続けているから、こういうこともできる。俺もまだまだやるねと自己満足。

 

体験入門したからといって、入門するわけでもないが、豊前田川に、風門という道場が存在していると言うことを知ってもらわないと話にならないので、まずは体験入門(1回無料)大歓迎である。

 

なお、動画は、先週の第5回風門祭にて、奮戦中の常磐丸氏と童子丸氏。同門対決とはいいながら、実質は他流試合。

 

常磐丸氏は、剣道二段で、入門して三年目。日本拳法道と福光流初段。対する童子丸氏は柔道二段・ブラジリアン青帯・拳法1級。おもしろいのが、柔道二段を投げようとしている常磐丸氏の攻防。

 

風門では、組討は古術福光派の手業を使う。形稽古でしかやらないが、三年目で、柔道二段相手に、ここまで無謀な組討合戦を挑むから、常識では考えられないが、それを可能にするのが、福光流古術の優れたところなのである。

 

ネット上で日本五大捏造流儀としてランクインした福光流だが、形稽古だけの3年目で柔道二段を投げようとする無謀さを生み出す。このFACTは捏造なのだろうか?文字の記録がない流儀は全て捏造になるらしいが、芸法にそれほど文字の記録が必要なのだろうか?

 

我々は、市井の凡夫が再現できる効率的な芸法を求めている。古術福光派が、日本五大捏造流儀に名を連ねても、平然としているのは、我々は、講道館流と渡り合えると言うFACTから来ている。(才能・修練時間・体格が同じならば。という前提で。)

 

風門は、紙の上の芸には興味が無い。使えるのか使えないのか?また、それは再現性があるのかないのか?さらに、汎用性があるのかないのか?我々の指向はそれに尽きる。