日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 風門館公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋 護身・総合格闘技・古武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

秋月流柔術。健在。「教えを受けし者たち」 田川郡福智町武道館。2020・10・11


秋月流柔術。健在。「教えを受けし者たち」 田川郡福智町武道館。2020・10・11

 

https://www.youtube.com/watch?v=wZCSm_Isi6g&t=3s

 

「百聞は一見に如かず」と言う。武道・武術の場合。理論の上の話しより、目の前で、実際に実践する先達を見ることの影響は大きい。

 

防具付きとは言え、面当て止めのレベル2とは言え、57歳の先達が、目の前で、殺気を放ってくる瞬間を実際に味わったこと。

 

今年47歳の千木丸氏にとっても、大きな経験値となったことだろう。

 

こういう荒行を、57歳までやれるのだという可能性を現実に体験したことの意味は大きい。

 

ただし、風門自体は、基本。40歳以上の人間に、面打ち抜きは奨めていない。

 

脳へのダメージ・頸椎への負担。また、胴をつけていても、フルコンタクトで蹴り込み、打ち抜くから、やはり、内臓への震動の負担は、考えざるを得ない。

 

その一方で、防具付きでも、フルガチ・打ち抜きは、どれほどの物か知ってもらいたいという気持ちもある。難しいところである。

 

痛みを知らない人間は、机上の空論に走りやすい。日本拳法道のようなKO。OKの総合ルールは、防具を着けていてもいつどんな事故が起きるか分からない。し、現実に見てきた。

 

また、日本拳法道のような弱小団体の場合。恐ろしいことに、試合は一度だけ。組み手はろくにしない。技はないが、世渡りはうまいで、道場長になるというケースも起こりうる。

 

そして、そういう人間が、リスクを知らず。門人を大会に出したがったりする。

 

これが、怖い。

 

風門は、40以上の人間でも、2段までは、何度かフルガチを体験させる。世の中のすごい人たちから見れば、大袈裟なと言われるだろうが、我々のような、凡人にとって、40過ぎてから、入門し、防具を着けて安全性を図っているとは言え、フルガチは、怖い。

 

もちろん、無理はさせない。時間をかけ、ゆっくり、ディフェンスのレベルに合わせて、やる。

 

千木丸氏も、今、それに向けて、徐々にレベルを上げている最中である。

 

その時。宗範との、この最初で、最後の手合が、生涯の思い出となることだろう。

 

L2とは言え、あの秋月流の宮崎先生と立ち会ったのだ。と同時に、無理をする必要も無いが、目の前で、57歳のおやじが、フルスイングで打ちかかってくる恐怖は、年齢の壁を意識せざるを得ない40代に、間違いなく可能性という扉も開いたことだろう。

 

風門は、無理せず、怪我無く。無駄なくを追求して、稽古している。と同時に、57歳まで動けるという事実を知ることもまた大いなる遺産である。

 

宗範が、この1年半。風門に残した足跡は大きい。その残した種が、この北筑を流れる大河。遠賀川水系上流域。英彦山川・中元寺川流域で、花を咲かせるかも知れない。

 

私は受け継がれる物語が好きだ。秋月流の荒ぶる魂が、風門を刺激し、いささかでも受け継がれることは、武道として活動する以上、はずせない要素だ。

 

真に、多くの人との武縁で、風門は生かされている。こういう時、武道をしていて良かったと感じる次第である。

 

 

 

 

 

 

 

君は、秋月流柔術を知っているか?


秋月流柔術健在。宮崎宗範・57歳。60秒ノンストップ。田川郡福智町武道館。2020・10・6

 

https://www.youtube.com/watch?v=yKZrGTyouu0&feature=youtu.be

 

宮崎宗範が、筑後久留米の方へ、仕事の都合で帰ることになった。正直。寂しい。

宗範との思い出は尽きない。

日本拳法道福岡武道館で一度、硬式空手全九州で一度、二度闘ったが。

その圧倒的破壊力で、当時、周囲から恐れられていた。

 

我々の仲間うちでは、九州のクラッシャー・バンバン・ビガロとか、恐怖の大魔王と呼ばれていた。「これが大袈裟な話しでは無いから恐ろしい」(福光雲母談)

 

防具でも、相手を破壊し尽くす。競技武道の範疇を超え、文字通り「仕合」を実行していた人だ。「私は、そのクラッシャーする現場をこの目で見ている」(福光雲母談)

ちなみに、反則行為はないので、誤解しないように。

 

その宗範が、仕事の関係で。田川に住むことになり。この1年半ほど行動を共にしてきた。

 

風門の若手からも信頼されていた。何より。57歳の現時点で、60秒ノンスットプで、若手の現役とガチガチスパーが出来るというか、ガチでしか出来ないというすさまじさだ。

 

百万言を尽くして語るより、毎週、稽古の度に、60秒フルスイングする、その姿が、全てを語っている。

 

弟子は、師を見て育つという。恥ずかしい話しだが、私は、だらしない人間なので、私だけだと説得力がないが、宮崎宗範と60秒ノンストップを繰り広げた千手丸氏。また、最後に教えを請うことになった千木丸氏・仁駈丸氏なども、侍の生き様を身を以て味わったことだろうと思う。

 

筑後人宮崎純二。未だ荒ぶる魂を引っさげフルスイングする男。

 

サケは、生まれた川に戻るという。筑後人は、筑紫二郎の流れに戻るのが自然だろう。

 

かって、九州の総合黎明期、元祖トーナメント嵐の第一人者として、九州中、西日本一帯をざわつかせた男。

 

その宗範も、仕事と武道・格闘技の狭間で、自らの道場を解散せざるを得なくなったという。指導者としても一流だったので、多くの弟子が、日本中に散っている。

 

筑後に帰還の上は、再度秋月流を結成し、また、日本拳法道福岡武道館大会や、風門祭で出会えることを願っている。

 

元、秋月流門人諸氏よ。秋月流健在なり。筑後にて、再び秋月流の幟を立て、四散した門人が蝟集し、筑後に秋月流有りを聞く日を待ちわびている。

 

我々豊前風門党も、遠賀川水系上流域。英彦山川・中元寺川流域で、粘っている。

 

かって、秋月流と福光流が闘ったように、筑後秋月流の門人と豊前風門党の門人同士の闘う日がくれば、また面白い。

 

歴史がつながっていく瞬間。その時に、私も宗範も己の生きた証を見ることになるのでは無いだろうか。少なくとも、私は、そういう思いで、これからも、時代にあらがい続けてゆく。

 

 

 

 

 

 

第6回風門祭 体重無差別級エントリー状況と背負い・裏投げ禁止の確認。2020・10・18


第5回風門祭日本拳法道錬成大会 中量級第三試合。

 

https://www.youtube.com/watch?v=OEnBUqY4CiA 

 

一般部体重無差別級トーナメント 5人制

 

①エボルート小倉ジム:K選手18歳・167cm・66k・KB1年

②タフス道場:K選手・35歳・171cm・68k・KB5年・柔道5年

③唐武会熊本道場:H選手・36歳・167センチ・70キログラム・MMA空手3年、キックボクシング3年

④風門館:H選手・42歳・170cm・85k・日本拳法道三段・豊前福光派古術三段

雷電流拳法:雷電・45歳・168cm・105k雷電流師範

○表彰は、無差別優勝・準優勝・3位を表彰。

○審判 自分の所属する団体の選手が出る試合には、必ず、その団体の一人が審判として参加のこと。雷電流は秋月流の宮崎宗家が主審を行います。

 

トナメント表 左から軽い順に並べ。

第1試合 ①VS②

第2試合 ③VS④

第3試合 第2試合の勝者VS⑤ 

第4試合 第1試合の敗者VS第2試合の敗者

第5試合 第4試合の敗者VS第3試合の敗者・三位決定戦

第6試合 第1試合の勝者VS第3試合の勝者 優勝戦 

 

予定30分 5分×6試合

 

本年度は、コロナ禍の中で、稽古不足のため、禁止事項として、背負い投げ・裏投げを禁止に追記。ただし、裏投げ風の転がす捨て身技は可。その他は、ルール通り。パンフレットに記載されている風門祭乱取り競技法を十分、読んでから試合に臨んでください。

また、毎年、微細な部分を追記修正していますので、疑問点・質問などがあれば、風門館福光までお願いします。

 

 

第6回風門祭。少年部ルールとエントリー状況。2020・10・19 更新!

f:id:huumonkan:20201006172056j:plain

 

少年部高学年三人リーグ

禅道会熊本道場:K君(小6)137cm・34k・7級

②タフス道場:K君(小5)149cm・37k

柔道・ボビナム5年。

③タフス道場:KG君(小5)135cm・32k

柔道・ボビナム5年。

 

 

風門祭少年部乱取り競技法:一般部に準じた風門祭少年部ルールで行う。

防具:スパーセイフ面のみ。胴・柔らかい物であれば全て可。日本拳法・剣道などの硬い胴は禁止。籠手:フルコン用拳サポーターのみ可。ファウルカップ必須。スネガード推奨。

 

①打撃:一般部と同じ。ただし、一般部より軽めで取る。

②投げ:禁止事項 頭から落と全ての投げ、背負い・大外刈り・足へのタックル(胴タックルは可)・担ぎ技全て。それ以外の投げは有効。有効の規準は一般部と同じ。

③全ての関節技・絞め技を禁止。

④寝技での空撃は有効1P、片膝押さえ・背面・金的等への空撃も有効1P。一般部と同じ。

 

*本年度はコロナ禍で稽古不足の中での試合ですから、危険性は排除して行います。その点ご理解ください。

 

質問や疑問点は、風門館福光まで。FB・LINE九州武道連絡会議を利用してください。

風門之儀2020。「在りし日の思い出のために」 田川郡福智町武道館。10月18日。


風門之儀2020 「在りし日の思い出のために」 田川郡福智町武道館。10月4日。

 

https://www.youtube.com/watch?v=PX91w5T2DZo&feature=youtu.be

 

令和2年10月18日。日曜日。午前の部。晴れ。田川郡福智町武道館。

行者:木霊丸氏・千手丸氏・千木丸氏。B氏。顧問 雷電雷電代表。

稽古内容。体術総合。

豊前福光派古術素手第三法組討 

1本目:腰車、2本目:鉢返、3本目:鉢落、4本目:前落。

サンドバック打ち込み稽古。30秒×5セット。受け返し5種×10回

鍛錬手合L2 2分2R

鍛錬手合L3 1分1R

千手丸氏累計:26R

 

稽古は、順調。11月22日の風門祭へ向けて、準備が進んでいる。本日は、タフス道場からM先生と初出場のK氏、来訪。

 

少年部・一般部のルール説明などこまかい打ち合わせを行った。

 

その間、行者は、木霊丸氏と千手丸氏にまかせ、組討の稽古。こういう時、黒帯指導員が二人いるのは助かる。

 

後半は、逆に、千手丸氏がボビナムへ出場するので、その打ち合わせ。私が指導に当たり、サンドバック・受け返しと当て身の稽古。

 

ラストは、鍛錬手合L1で、木霊丸氏とB氏。

L2で、千手丸氏・千木丸氏・雷電師範が、2分2R

 

ラスト。いきなりだったが、60秒間。千手丸氏と千木丸氏による、鍛錬手合L3。

 

このL3は、茶帯の条件。立ち技のみだが、防具付きで、ガチコンタクトをする。これが、できるようになった者というか、そこまで続いた者だけに、茶帯が許される。

 

日本拳法道連盟の昇級・昇段審査は、特に厳しいものではない。普通に、週1回稽古に来れば、誰でも初段は取れる。

 

しかし、私が、あまりにも、安心・安全を強調するので、自分の規準で考えて、たかをくくって稽古する者は、残念ながら、ふるい落とされていく。これは、いた仕方の無いことだ。

 

安心・安全と言うのは、あくまでも、他の激しい武道・格闘技に比べれば緩いよと言ってるのであって、まったく痛い思いもせず、茶帯や黒帯になれる訳がない。

 

私は、これでも、真武館体重別全日本の経験者である。日本拳法道・硬式空手・グローブ空手・アマKBで、公式戦44戦。道場デスマッチ数知れず。そういう経験の元、日本拳法道の段・級は、緩いと言ってるのであって、鼻歌まじりのキャッチボール気分で、黒帯になれるとは言ったことはない。

 

組手が怖い者は、それでいいのだが、その代わり、福光流の段・級しか取れないと言うことを認識してもらわなければならない。その、勘違いさえなければ、私としては、どちらを選んでもらってもけっこうなのである。

 

千木丸氏。47歳。来年春には、茶帯昇級間違い無しだ。ただ、そのためには、L3での稽古を経験しなければならない。マスクがあるからと言って、面打ち抜きになるとえぐいものがある。それを耐え抜いた人間に、その汗と涙の結晶を讃え、茶帯が許可される。それが、男の誇りにつながる。

 

B氏も、来年春には、5・6級を受ける。55歳だから、L1で良い。それでも、打撃経験がないので、ガチガチになっているが、リラックスと口で言っても、できるものではない。最後は、慣れである。

 

最近、年輩者の入門が多い。怪我をさせず。無理なく、無駄なく、いかに、動けるようになるか?

 

私の頭は、高速回転している。そこも指導の楽しさではないだろうか。

 

さて、話しは変わって、動画について。10月4日に撮った物だが、それ以降も、色々なことがあっている。

 

プライバシーに関わることなので、全ては書けないが、秋月流の宮崎宗範とは、日本拳法道と硬式空手で二度闘った。私に、防具でも悲惨な事故は起こると言うのを教えてくれた人である。現在57歳。

 

仁駈丸氏は足が悪い。古術の古い門人だが、現在は、ボクシングをやり、動ける間は、出来る稽古をするという、その姿勢に私も学んでいる。現在55歳。

 

人間、半世紀も生きれば、それぞれにストーリーがある。私は、そのストーリーの幾分かを知っているから、こういう動画に感情移入する。

 

NHK風に、誰かが、「ドキュメント風門館」と言うのを作って欲しいと思う。

 

私は、強い・弱いでしか、話の出来ない人を見ると覚めた気分になる。お前が、弱いからだろうと言われれば、それまでだが、武道・格闘技で、強いだの弱いだの言い合っても、世間の大多数は、無関心だ。

 

その世界のみで通じる規準であって、一歩外に出れば、大多数は無名の人間でしか無い。

 

学歴でマウントを取る人間と大差ない。

 

勝ち負け・強い・弱いも、あっていいと思う。しかし、ひたむきさな美しさにひかれる世界もあっていい。

 

それぞれの、人生。それぞれの、運不運。栄光・挫折。そういうものを背負いながら、半世紀を生き、まだ、拳を交えて、会話している。

 

それを美しいと思う。そういう感性を私は持ち続けたい。

 

 

 

 

第6回風門祭。特に注意すべきルールの確認。投げて終わりでは無い。


第5回風門祭:日本拳法道錬成大会:軽量級第一試合。

 

https://www.youtube.com/watch?v=-6KCuahwuno&t=66s

 

第6回風門祭。特に注意すべきルールの確認。投げて終わりでは無い。

 

風門祭ルールの特徴ですが、投げて終わりでは無いことです。

 

毎年、投げて、笛が鳴るとそこで、攻防をやめる選手がいますが、風門祭ルールでは、続行ですから、非常に危険です。以下、毎年起こるパターンについて、説明します。

 

1 柔道で1本となるような投げ技は、有効1P。審判の笛が鳴っても試合は、続行です。寝技10秒制限と、場外反則以外は、流れを止めないのが、日本拳法道ルールの特徴です。

 

2 投げで有効1P。そのまま、抑え面突きなど、空撃による当て身で有効1P。更に、腕拉ぎ等の関節技(形に入った時点で止める。極めた場合は反則)で有効1Pと、投げからの一連の流れで、有効3Pと言うケースが出てきます。

 

また、その後、打撃でKOすれば、即時1本勝ち(有効4P)となりますので、2分以内で、最高7Pと言うケースが出てきます。

 

投げて、審判の笛が鳴ったとしても、寝技10秒制限以外は、試合は流れていますから、逆に相手から、関節や当て身を食らう恐れがあります。その点を十分理解して参加してください。

 

3 風門祭ルールは、日本拳法道ルールに準拠していますが、より、安全性を図るためと、よりMMAに近い形で、若干の違いがありますので、十分、ルールブックを読んだ上で、参加されてください。また、疑問点などは、メール・電話などで質問してください。なお、当日も、開架式の後、ルール説明を行いますので、疑問点は、そこで、してもらってかまいません。

 

4 寝技での打撃のうち、鉄槌。片手で頭を抱えた当身は3秒以上の連打で、有効1Pとします。その他、面突きなども3連打以上打たないと有効を取りません。

 

5 投げは、完全に背中から落ちるようなものしか取りませんので、審判が笛を吹いていないのに勝手に審判の顔を見て確認する選手がいますが、攻防は続いています。非常に危険です。ころがすような投げでは、有効になりません。

 

ただし、転がしてから、抑え面突きを空撃で入れると有効1P、さらに関節を取ると有効1Pですから、日本拳法道ルールでは、最も勝ちやすいパターンになります。

 

 

5 本年度は、コロナによる稽古不足がありますので、一般部は背負い投げは禁止とします。少年部は、背負い・大外刈・片足タックル・双手がりなど、頭を強打する可能性のある投げは全て禁止とします。胴タックルは可です。

第6回風門祭 審判員の服装につてのお願い。


第5回風門祭日本拳法道錬成大会 無差別級第二試合

 

https://www.youtube.com/watch?v=vSHOJVI2Ovg

 

本年11月22日。第6回風門祭が近づいております。

 

風門祭は、

 

1 日本拳法道ルールでの、交流を図り、総合系ルールにおける経験値を積む場とする。

 

2 流会派の垣根を越えて、九州・山口方面の武道・格闘技団体・個人の交流を図る場とする。

 

3 大和心復興・士道精神涵養の場とする。

 

以上の3点を掲げて、開催しています。

 

特に、一般の勝敗至上主義の競技スポーツと異なるのは、武道を通して、肉体言語としての、「大和心復興・士道精神涵養」を掲げているところです。

 

そのため、今までは、審判員の服装について、細かいお願いはしてきていませんでしたが、晴れの祭りに相応しい服装をお願いしたいと思います。

 

小さなムラ祭りでも、晴れの日は、晴れ着を着るのが、日本文化の伝統です。

 

風門祭は、規模の小さなムラ祭りではありますが、武道の祭典です。

 

選手は、皆、多忙な社会人生活を送りながら、身を削る思いで、稽古に励み、風門祭にて、激闘を繰り広げます。

 

その判定をする審判も、選手の激闘に花を添えるべく、晴れ着で、出て欲しい。それが、私の願うところです。

 

道着・ネクタイ・あるいは、各道場のロゴの入ったTシャツなどは良いと思います。

 

各流派の試合の際の審判の服装があると思いますので、審判もまた、その流儀の文化を背負って出て頂きたいと思うところです。

 

ジーパン・ジャージ・ラフな私服などは、ご遠慮ください。

 

今回は、コロナ禍の中で、やっと辿り着いた大会です。「大和心復興・士道精神涵養」の場としてふさわしい服装でお願いします。