日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 風門館公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋 護身・総合格闘技・古武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

風門館徒然。マススパー・デビュー。田川郡福智町武道館。2020・2・24。


風門館徒然。マススパーデビュー。田川郡福智町武道館。2020・2・23

 

https://www.youtube.com/watch?v=pYDf_EBknpQ

 

令和二年如月23日。午前の部。晴れ。福智町武道館

 

行者:千手丸氏・常磐丸氏・童子丸氏・K氏・S君。

 

稽古内容 体術総合・体術護身

 

風門館護身体術:巻絡三種・小手巻絡・下払巻絡左右

福光流組討:前落・大外刈・腰車・鉢返

歩法・体捌き12種:踊足四方八方・払足。 

受け返し稽古肘3種・飛膝からの肘撃ち三種

 

鍛錬手合レベル5 千手丸氏・常磐丸氏・童子丸氏。2分2R

鍛錬手合いレベル1 K氏・S君。千手丸氏・常磐丸氏。2分3R

 

風門館では、新人が入るとその新人のためのメニューを組む。しかし、それも、冬の間であって、4月になると、大会に向けてのメニューになるので、新人には、黒帯が指導するが、私が直接指導する機会は減る。

 

その間、なんとなく、自分は阻害されているという感じをもって、やめていく人間も多い。しかし、仕方の無いことだ。シーズンが始まったら、選手を無事に帰すことが私の最大の目的で有り、メニューは全てそのために組む。

 

その点K氏は、運が良かった。ちょうど入門したのが、12月だったので、もともと、風門がゆっくり基本を練る時期に当たっていた。運も重要だ。

 

しかも、K氏の入門で、全てK氏に合わせてメニューを組んでいるので、上級者にとっては、基本の確認という言う意味で、この時期は重要だ。

 

私は、将来の指導員を育てことを目的に風門を運営している、従って、K氏のためのメニューとは、黒帯が、後に後進を指導するときのノウハウの蓄積となる。

 

このサイクルを繰り返しながら、指導員が育つ。

 

K氏も、四月からの試合用メニューになった時に、疎外感を感じないように、今は大事に育てている。

 

鍛錬手合いも、レベル1から3まで参加できれば、疎外感はない。無論、個人の目的に応じてメニューを組むので、そこはNOは全然OKである。

 

しかし、逆に、40代でもやりたい人にとっては、基本だけでは疎外感を覚えるものだ。

 

もともと空手の素養があったので、レベル1は十分にこなせる。ここからは、レベル1で、風門の他流試合経験者とやりあう。安全だが、緊迫感はある。

 

片田舎の場末道場とは言え、こと他流試合に関しては、相当のノウハウを蓄積している。しかも、秋月流宮崎・雷電雷電・及び、風門勢黒帯連中。それに、童子丸。

 

けっこう皆、経歴の持ち主だ。そういう相手と完全寸止めでも、鍛錬手合いをこなすと緊張感は半端ない。

 

K氏が仲間に入りつつある。その実感は、本人が一番感じているだろう。

ボビナム講習会延期について。風門館連絡事項。2020・2・23

f:id:huumonkan:20200223215803j:plain

 

ボビナム講習会延期について。風門館連絡事項。2020・2・23

 

今般の、時局を鑑みるに、万が一の発生無きにしも非ず。

まことに、無念ながら、延期の申し入れをし、受けてもらいました。

 

風門は、護身を標ぼうして活動している団体です。その風門が、福岡で、既に二件。

熊本で⑶件のおり、福岡での稽古会で、万が一、発症者を出したとしたら、何のための護身かと言われても言い逃れはできません。

 

福岡ボビナム関係者および、マスターにも多大な迷惑をかけ、心苦しいばかりですが、

参加者一同検討の上の結論ですので、ご容赦ください。

 

今回の肺炎騒動が終局し、また、機会があれば、是非、お願いしたいと思うところであります。

 

苦渋の決断をお察しください。

風門館徒然 豊前福光派古術 拍子取 5種。令和2年2月16日。田川郡福智町武道館


豊前福光派古術 拍子取 双羽取・見栄取・十文字・舞袈裟

 

https://www.youtube.com/watch?v=mc4ft35wYqU

 

令和二年如月9日。午前の部。晴れ。福智町武道館

 

行者:木霊丸氏・千手丸氏・常磐丸氏・K氏

 

稽古内容 体術総合・体術護身

 

豊前福光派古術素手第2法取手:拍子取(奥伝)

 

双羽取大外掛・双派取拉固・見栄取拉固・舞袈裟肩担・十文字負車・十文字負落

 

歩法・体捌き12種:踊足四方八方・追足 

受け返し稽古

 

肘3種・飛膝・上受け・下受け。

対面サンドバック・対面シャドー。

 

薙ぎ鎌:置車

 

やることが多すぎて頭が混乱しそうだが、メニューは着実に進んでいる。

 

前半は、またしても、鉄パイプで、人の頭を殴るという事件が起きたので、引き続き、鈍器への対処法を研究。本日は、そのまま古伝の古術を5種稽古した。

 

後半は、新人Kさんの進度に合わせ、歩法・体捌き。

さらに、肘の使い方も伝授。

 

受け返しで、ナイハンチンのカギ突き。肘の入れ方などを着胴で撃ち込み稽古。

 

4月になると、千手丸氏と常磐丸氏の試合用のメニューに入っていく。残り1ヶ月。K氏が、その際に、お客さんにならなくてよいよう。できるだけ、丁寧に、基本を仕込んでいく。

 

最悪の2月が、今年は、雪をみないまま過ぎようとしている。風門館も今年4月で、31周年。思えば長い道のりだったが、まだ、しぶとく生き延びている。

風門館 令和2年弥生の稽古日程。

f:id:huumonkan:20200216144715j:plain

 

令和二年弥生三月稽古日程

 

3月1日 日曜日 10:00~12:00 福智町武道館

3月8日 日曜日 10:00~12:00 福智町武道館

3月14日 土曜日 16:00~18:00 久山町タフス道場 

マスターフゴ帰福ボビナム講習会参加

3月15日。日曜日。閉館。

3月22日 10:00~12:00 福智町武道館

3月29日 10:00~12:00 福智町武道館 

 

豊前福光派古術 拍子取 双羽取・見栄取・十文字・舞袈裟


豊前福光派古術 拍子取 双羽取・見栄取・十文字・舞袈裟

 

https://www.youtube.com/watch?v=mc4ft35wYqU

 

豊前福光派古術 拍子取 

 

双羽取大外掛・双羽取拉固

見栄取拉固・

舞袈裟肩担

十文字負車・十文字負落

 


風門館徒然。サンドバック・対面稽古。田川郡福智町武道館。2020・2・9

 

https://www.youtube.com/watch?v=BFXpRw30Y0M

 

令和二年如月9日。午前の部。晴れ。福智町武道館

 

行者:木霊丸氏・千手丸氏・常磐丸氏・K氏

 

 顧問:宮崎宗範

 

稽古内容 体術総合・体術護身

 

基礎体・

 

豊前福光派古術素手第2法取手:拍子取(奥伝)

 

双羽取大外掛・双派受拉取・見栄受拉取・肩担

 

風門館当身拳法素振12箇条

 

受け返し稽古

 

上受け・下受け・流し受け・掬い受け・押し受け。ブロック4種。

対面サンドバック・対面シャドー。

 

12月初旬だった頃だろうか?Kさんと言う45歳の人が、入ってきた。子供の頃、空手をやっていたと言うことだが、自分の流派をよく分かっていないらしい。

 

恐らく、松濤館の系統ではないかと思うが、私にも、わからない。

 

風門では、新人が入ると全員その新人に会わせたメニューを行う。それを通して、全員が基礎を反復するわけである。

 

今日も、前半は、金槌など鈍器に対する護身技を4種。全員で稽古。

 

後半は、当て身なのだが、素振りをしっかりやって、そこからは、受け返し稽古に入る。

 

昇段審査が、7月15日に伸びたため、おかげで形をゆっくりやる余裕が出来た。

受け返し稽古の中に形を落とし込む。今日は、5種落とし込んだ。日本拳法道形は、技術型で有り、鍛錬型では無い。

 

だから、形がそのまま、競技でも、護身実用でも使える。風門の打撃技術は、日本拳法道形が主軸である。

 

この形を、普段は、受け返し稽古で練りまくって、他流試合に臨む。

 

Kさんんにとっては、どんどん初めての世界が繰り広げられる。それを見るのが楽しい。

 

子供の頃に空手をやったが、やり残した感があるという。風門の門を叩くのも勇気がいったと思う。大人のための護身教室を謳い、ゆるさを売り物にしているが、けっこう激烈な面も持っている。

 

45歳という年齢は、悩むところだったろうが、護身は、いくつになっても必要だ。そして、武道をやりきらずに、老いを向かえる時、心の中に空白があるとするなら、風門で埋めればよい。

 

我々は、そういう人の手助けをしたいと願っている。

風門館護身体術。田川郡福智町武道館。如月2日。


風門館護身体術。双羽取・見栄取 田川郡福智町武道館 2020・2・2

 

 https://www.youtube.com/watch?v=uoLd-s84A3w

 

令和二年如月2日。午前の部。晴れ。福智町武道館

 

行者:木霊丸氏・千手丸氏・常磐丸氏・童子丸氏・K氏・S君

 顧問:宮崎宗範・雷電師範。

 

稽古内容 体術総合・体術護身

 

基礎体・双羽取・見栄取・風門館当身拳法素振12箇条・日本拳法道形

サンドバック・キックミット

アマキックルール2分3R

 

陰惨な事件が多い。つい先日、高齢の女性を中学生が金槌で殺傷するという事件が起きた。理由が、人を殺したいから。信じがたい話しだが、常に世の中には、一定数の狂人がいるこも確かだ。

 

こういうニュースがあったとき、風門では,対武器の訓練をする。付け焼き刃名感じを受けるだろうが、そうでもない。結局、普段、競技用に稽古している技の応用で有り、原理は同じだからだ。

 

また、実際使えるのか?と言う疑問も私自身抱いているが、では、どうやって確かめるのか?まさか、路上で確かめろとという馬鹿はいないだろう。使えるか使えないか、分からないなら無駄だというなら、国防は全て無駄になる。

 

万が一の際、無抵抗で、殺されるか?抵抗して殺されるかだと、私は迷わず後者を選ぶ。そもそも、無抵抗で殺されてもいい人は、武術などする必要も無いだろう。そういう意味で言うと保険に入る必要も無いし、老後2000万問題も考えなくて良いのでは無いか?

 

そして、護身の話になると、危ない所には行かないとか、私なら逃げますけどね。としたり顔でいう人間がいる。風門とは、護身における概念が違う。謝ってすむなら謝ればいい。逃げてすむなら逃げればいい。では、妻や子供を置いて逃げるのか?風門の護身というのは、どうにも、闘わざるを得ない場合を想定している。

 

その際、無抵抗で一家全滅するのか?子供を逃がす時間を確保するために、立ち向かうのか?我々の護身とはそう意味合いで使っている。

 

もともと、古術福光派は、万が一の際、女・子供を逃がす時間を稼ぐために、最悪、一番年寄りから、相打ちに持ち込むという必死必勝の教えが原理にある。

 

そういう考え方から、鍛えていく。それが、福光流の本質で有り、故に<家守の芸>を名乗った。家を守るというのは激烈なのである。

 

ちなみに、この銃の時代に、護身とかとか言う愚かな人間にも出会ったが、言ってる意味が分かってるのだろうか?

 

短銃を保持していあたら、それだけで、銃刀法違反で、リーマンは、懲戒免職だ。普通に考えれば分かることを平然と言えるのは、世の中が平和な証拠だが、最近、意味不明の殺傷事件が多いのも、事実である。

 

万が一の際には、慌てないことと言うが、間違いなく慌てる。想定外も多い。しかし、何も考えずに山を登るより、万が一を想定して登る方が、より確率は安全と考える。それが、風門的な考え方だ。

 

前置きが長くなったが、現在、風門館では、福光流の古式とも言えず、日本拳法道とも言えない、護身技は、風門館護身体術として編成している最中である。

 

ベースは古術。それに日本拳法道を始め、各種武道の技術や我々風門の30年に渡る他流試合経験などから、汎用性と再現性・実用性に優れた技を風門館護身体術としてまとめているところである。

 

何事も無く、平凡に生き、平凡に死んでいく。それが当たり前だが、万が一の際に備えて、週一回訓練に励む。それが風門Lifeだ。