風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

第7回風門祭日本拳法道錬成大会。円陣・風門ファイト。田川郡福智町武道館。2022・11・27。

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=AJ9JuWhGyzo

 

日本拳法道は、その名が示す通り、元々は、日本拳法の技術・乱取り法をベースに、九州・福岡で新たに編成された新興流儀である。

 

私が、日本拳法道に入門した最大の理由が、元々日拳スタイルが好きだった。しかし、ロー有りが良かった。しかも、防具が軽量で、大会がフルオープントーナメントのため、安全に他流試合が出来る。という4点にあった。

 

ほぼ、私の理想を叶えてくれたのが、日本拳法道だったので、その存在を知った半年後に、入門した。

 

以来、密かにやりたかったのが、この円陣ファイト。日本拳法ではよくやっているので、私もやりたくて仕方が無かった。

 

だが、日本拳法道の大会は、個人戦しかないので、福岡武道館では、なかなか、やれる雰囲気では無い。

 

風門祭ならやれると思ったら、いつも、人が少なすぎて、ちょっと無理があるかな・・・。で、結局やれないままだったが、遂に成し遂げた。感無量。

 

現在、風門館は、総勢9名。この日は、二人私用や体調不良などで欠席していたが、それでも7名いるので、けっこうな迫力となった。

 

よく、護身とルールのある競技武道は別物と言われる。私もそう思う。しかし、そもそも、普通のサラリーマンで、路上の現実を知るということは、なかなかあるものではない。ものすごく知っているとしたら、特殊な経歴の持ち主だろう。

 

だから、一つのシュミレーションとしての競技武道の経験は大きい。どんなルールでも現実と違うのは当たり前だから、競技だけでもなく、形だけでも無くが私の理想としてある。

 

また、門人の入門の動機も様々であるから、スポーツとして楽しみたいと言うのを否定することはできない。

 

現実問題、大会を控えての2ヶ月間の特練は大きな成果を上げた。

 

そして、この明るいノリもまた楽しみの一つである。護身・護身と言っていると、気が滅入る場合がある。

 

普通のサラリーマンにとって、最大の敵は、仕事上のストレスだ。このストレスから開放される瞬間。

 

広い意味で言えば、それが一番の護身では無いかと思っている。

 

習い事には、楽しさも必要である。耐えろとか。忍耐とかは、リーマンは仕事で嫌というほど味わっている。それに加えて週末の習い事まで、苦行を強いられたらたまったものではない。

 

そういう意味で、スポーツ的なノリで楽しむことの意義は大きい。しかも、防具付きとは言え、実際はかなりえぐい。

 

安全性を謳っているが、試合そのものは、コンタクトスポーツだから、防具を付けないルールより安全だと言ってるに過ぎない。

 

忍耐とかは、それで十分だと思う。

 

最後に、何故、私が円陣に拘るのかも話しておこう。

 

古術者は、秩序を重んずる。しかし、その秩序とは、階級的なそれではない。先達は、あくまでも先達だから敬意を持たれるのであって、身分とか階級では無い。

 

元々、一族相伝の流儀だから、身内の論理なのだ。即ち、円陣とは、階級ではないことを示している。

 

同心円を組む時、その円陣に先達はあっても、階級はない。一味同心・傘連判状の発想である。

 

あまり古術的な話しをすると受け付けない門人もいるので、普段は、話さないが、このブログを読めば、一見ノリでやっている円陣の真の意味・意図が分かるだろう。

 

形には、思想が込められている。小は大の雛形。即ち相似形である。

 

古術者の円陣は、そのまま、天下万民が等しくあれという世界観を示している。というような小難しい話しを理解した者が古術を受け継ぎ、そういうのに関心がないものは、競技武道としての日本拳法道をやればよい。

 

私は、どちらでも良いと思っている。古術も日本拳法道もどちらも好きだ。ただ、私が教える風門館は、両流併伝が基本であることを知ってもらえたらそれで良い。

 

風門館事務局 0947・32・3550 代表福光まで。

 

第7回風門祭 演武之部 風門館護身体術・展開6種。田川郡福智町武道館。令和4年11月27日。

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=WhTFMlz3qsY&t=3s

 

風門館護身体術・展開 

直突に対する受け返し6種:横手・掛取・小手取・挟取・被取・置車

風門館 福光三郎左衛門進(日本拳法道5段・鎌倉古流豊前伝福光派古術第16世守人・免許皆伝)  
風門館 田中康司(日本拳法道2段・鎌倉古流豊前伝福光派古術第17世継人・免許5段)
  
*風門館護身体術とは、日本拳法道と豊前福光派古術の手業を融合させ、風門館が護身用として独自に開発している手業の総称で有る。通常の稽古の40%近くが、この手業の稽古で占められている。風門館が、「大人のための護身教室」を謳って活動している所以である。

 

私は、万が一の際の護身実用を考えて、武道を稽古している。だから、競技武道も、そのためのツールの一つだと考えている。

 

形も乱取りも、私にとっての、あるいは、私の門人にとっての護身実用の手段であれば良いのであって、他流に関しては、その技が使えるのかどうか以外には、関心がない。 

 

これが、私の基本的な考えだ。

 

なぜ、いきなり、こういう話しから入ったかというと、護身実用のためには、生涯武道であることが前提としてあらねばならないからである。

 

今回、壮年男子変手の部を開発し、55歳くらいまでは、大怪我をせずに、競技武道も楽しめる環境を作り、一定の目処が立った。

 

しかし、その後はどうなるのか?

 

確かに、現役でいつまでも乱取りをすればかっこいいだろうが、我々のような凡夫にそれができるのだろうか?

 

私は、出来ないと思っている。55歳過ぎて、乱取りをばんばんやっている時点で、既に凡夫とは言えない。

 

憧れはあっても、自分が同じ事をやっていたら、怪我と同居の乱取りの現実といつまで向きあえば良いのかという問題が出てくる。

 

しかも、乱取り・競技で致命的な怪我をして、武道などしなかった方が、より強かったのではと言うケースも当然起こり得るし、そういう事例を武歴が長くなれば知るようになる。

 

私は、競技・乱取りの方が、速習性があると考えているが、どこかで引退しないと老いてから体がボロボロでは、護身実用に反するということも念頭に置かなければならない。

 

この、速習性と継続性の矛盾をどう解決するのかは、各個人の判断によると考えている。従って、風門館では、40歳以上の門人の試合への強要は一切していないし、逆に、止めるということもない。

 

ルール・大会のレベル・本人の技量で、危ない・出ても大丈夫だろうの判断はするが、最後は自己責任が、競技武道の世界の掟だと私は断じている。

 

さて、そこで、本題なのだが、では、競技・乱取り納め以降、どうすれば良いのか?稽古自体は、ゆっくり無理の無い範囲でやれば、何歳になってもできる。

 

現に、私は、64歳で、過去手術歴8回という体だが、形稽古や技の指導はまだ出来る。

 

しかし、この風門祭のような場で、審判しか出番が無いでは、寂しすぎる。

 

そこで、今後の道標として、我々二人が、3回稽古しただけで、厚かましくも演武に出た。

 

競技を引退した場合の、道標となるためである。

 

冒頭で説明しているように、風門館護身体術は、日本拳法道と福光流を併伝する風門館ならではの技法群だ。

 

私の人生の前半は、古術を中心として、空手・剣道・合気系を学んだ。しかし、人生の後半、31歳から今まで、常に中心にあったのは日本拳法道であったので、気がついてみると、私の中で、日本拳法道の技なのだが、古術的な解釈をした方が、私の体にすっと入るという技が増えてきた。

 

逆に、これは、もはや古伝の古術とは言えないくらい、当身に関しては、日本拳法道の手業が染みついているものも増えるばかりである。

 

そこで、日本拳法道形・古伝の古術の形とは別に、その両方が入り交じった、混種系は、風門館護身体術として、10年前から教えるようになった。

 

それが風門館護身体術である。

 

今風な古術で有り、古風な日本拳法道。絶妙なバランスだが、むしろ必然とも言えるし、最も風門館らしいのが、この風門館護身体術と言えるだろう。

 

ある種の自由形として、捉えてもらえれば理解が早いのではないだろうか?

 

競技引退後の老・壮年は、この護身体術の展開を演武すれば、護身実用ともなり、晴れの舞台での武舞ともなる。

 

即ち、古術のお神楽舞の再興でもある。

 

これに、楽を伴い、双手に鈴を持てば、そのまま古術のお神楽舞再興となる。

 

恐らく、天神地祇が、それを望んでいる。つまり、武舞を望んでいる。だから、風門の後押しをしてくれているのだ思えてならない。

 

まだ、拙いが、天神地祇が欲しているのは、一途さだろう。欲しいのは、お神様を敬い奉る素朴な信仰心で有り、一途な赤心だろう。

 

人の真心・赤心のエネルギー波がないと神も衰える。

 

柏手を打って空気を払い、勇壮に男たちが身削ぎの行で、荒魂をぶつけあう。

 

震動こそ、神の望みだ。しかも、邪念のない、清澄な荒魂のぶつかり合う波動こそが神の神気を呼び覚ます。

 

おかしなことを書いていると思われるだろうが、「これが古術なのです。」としか言いようが無い。

 

この好きな道を終生歩きたい。

 

風門館事務局 0947・32・3550 代表福光まで。

風門館。12月の稽古日程。

第7回風門祭日本拳法道錬成大会 初段・有級之部 迫力の一瞬

風門館。12月の稽古日程。

 

風門館 福智町武道館(田川郡福智町金田1313番地1)

毎週日曜日 10:00~12:00。

12月4日・11日・18日・25日。(予約済み)

 

風門館八幡同好会(北九州市八幡西区市瀬公民館)

隔週金曜日。19:30~21:30。

12月2日・16日。(予約済み)

 

本年稽古納め兼冬期昇級審査会 

12月25日。福智町武道館。

 

本年度は、25日。終了後。直方方面にて、忘年会を予定。

風門館徒然。第7回風門祭を控えて。テンション上げまくり稽古。突っ込み・円懸かり稽古。田川郡福智町武道館。2022・11・20

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/shorts/Jd7avXRmZQs

 

風門館徒然。第7回風門祭を控えて。テンション上げまくり稽古。突っ込み・円懸かり稽古。田川郡福智町武道館。2022・11・20

 

令和4年。11月13日。午前の部。晴れ。暖かい。田川郡福智町武道館。

行者:千手丸氏・常磐丸氏・千木丸氏・八咫丸氏・上羽丸氏・A氏。

ゲスト:後藤流拳法・Y師範。

稽古内容:体術総合・体術護身。

 

豊前福光派古術・当身:置車

風門館護身体術・飛び膝展開。飛び膝→蹴手繰里→裾車・蟹払・膝車

組討打ち込み自由稽古 

払車・尾長鳥・大外刈・小内大内・大外掛・腰車・蟹払・横掛け横捨て身。

着胴打ち込み稽古 直蹴り・横蹴り・後ろ蹴り

受け返し稽古:被せ突き・展開2種

突っ込み稽古 30秒×2

円懸かり稽古 15秒×2

鍛錬手合L1 60秒×6R

 

千手丸氏。39R。

千木丸氏。25R

八咫丸氏。40R

音丸氏。33R

上羽丸氏。27R

 

日常の何事かに追われ、準備に追われ、やっているうちに、第7回風門祭前、最後の稽古。

 

試合前だからと言って、特別な内容をする訳ではないが、受け身の稽古のためい、前半は、ゆっりと、組討ち形稽古と打ち込み稽古。

後半は、被せ突きの最後を受け返しで。

着胴蹴込み稽古で、蹴足の基本を確認。

 

そこからは、試合前にテンションを上げるための稽古。突っ込み稽古・円(まる)掛稽古・60秒×6Rのマススパー。

 

公式戦初出場が4名。50歳・49歳・46歳・46歳。平均年齢47・75歳の新人デビュー。ニュースになってもおかしくない気がする。

 

仕事・家族・地域行事、そういうもろもろの多忙さの中で、最低でも週一回は稽古して、自分の目指した山の頂を見ようとする。

 

口で言うのは簡単だし、回りで凄いですねというのも、簡単なのだが、当人にとっては、ハードな日々だったと思う。

 

しかも、アマで、防具式とは言え、事故・怪我は無いとは言えないのが、この世界の常識だから、他のスポーツ競技と違って、勝ち負け以上に、安全に帰還することが最優先課題になる。

 

無論、風門之本義が、そこにある。健闘を讃える。その一言のために、この2年間なり、1年間があったはずだ。

 

突っ込みの時の、上羽丸6級の動画を見ると元気が出る。もうすぐ51歳で、これだけ動ける人は、あまりいないのでへhないだろうか?

 

全員が、生き生きしている。精神が健康であること。もやもやを吹き飛ばす稽古で締めくくる。

 

風門館らしくて良き。と思った。

 

風門館事務局。0947・32・3550。代表福光まで。

 

風門館徒然。大岩壁。紅葉する頃に。初花変化・刺し、展開6種。令和4年11月19日

 

令和4年11月19日。土曜。晴れ。

 

行者:木霊丸氏。

 

稽古内容 体術護身・得物護身

 

風門館護身体術 面直突きに対する展開6種 

横手・掛取・小手取・挟取・被取・置車 

 

豊前福光派古術得物第1法:元手 

脇勝二本目:初花・変化・刺し。

変手勝6本目:置車

元手・変手稽古。

 

今週日曜日に開かれる、第7回風門祭へ向けて、護身体術展開6種のお温習い。これで、3回目の稽古だから、当日不安はあるが、やはり、風門祭と言うのは、武舞を奉ずる古術のお神楽舞がそのルーツであり、神祭だから、演武でもいいから、参加したい。

 

失敗も、天神地祇から見れば、愛嬌であろう。

 

つづいて、備中から、要請のあった初花の変化を説明した動画撮り。無論、撮るためには、稽古しなければならない。それが、課外となって、二人の稽古も熱が入る。

 

何しろ、古術の稽古をしているのは、豊前では、我々だけだから、備中から見てもらえると思うと張り切ってしまう。

 

と同時に、木霊丸師範にも、より深い内容を伝えることが出来る。だから、いつも思うのだが、これは偶然なのだろうか?それとも、やはり、天神地祇がそうさせているのか?

 

神意には逆らわない。それが、古術者の生き方だから、天意のままに生きていく。

 

最後に、置車。元手・双手・当身。それぞれの用法・口伝を伝える。風門祭が、終わったら、この置車を通して、古術の双手術とは何か?を本格的に伝えたい。

 

折しも、九州豊前香春岳・一の岳、西方大岩壁は、紅葉が点在し美しい。自然と共に生き、死んでいく。

 

風のように流れてとらわれること無く自然体でいたい。この日の稽古も心地よく終了。

 

天神地祇にひたすら感謝。

第7回風門祭壮年男子変手之部(防具当て止め部門)ルールとイメージ動画。田川郡福智町武道館。令和4年11月27日開催。

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=yIRgYBU2yu4&t=26s

 

        【風門祭壮年男子変手之部(防具当て止め部門)】

○ 風門祭変手乱捕り競技法による。

○勝敗
本戦1分間で、有効ポイントの多い者を勝ちとする。有効ポイントに上限は設けない。

 同点もしくは得点無しの場合。延長30秒。先取り制。→得点無しの場合。体重差の差を考慮した判定で決する。

 ○有効1Pの宣告

①打撃は、全て当て止めとし、単発のクリーンヒット。又は、触れ止め程度でも一方的な3連打以上のクリーンヒットが決まった場合。有効1P

②5秒程度の首相撲有り。ヒザ蹴りは、ガードの上からでも3連打以上有れば、有効1Pとする。

③投げ技は、足払い・足かけ・相手のバランスを崩す投げは可。ただし、投げそのものは、有効Pとならない。投げて即座に極めを入れれば、有効1Pとする。

以上の許可された技でのみ攻防を行う。それ以外の技は全て反則とする。
                                          

豊前福光派古術 当身 置車 田川郡福智町武道館。令和4年11月12日。

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=FsnuU7e2T6s

 

豊前福光派古術 当身 置車 田川郡福智町武道館。令和4年11月12日。

 

古術では、相手の当身に対処する技も含めて、素手第1法・当身として分類している。

 

自分で言うのも何なのだが、古術の優れているところは、この手業が、そのまま、拍子取りともなり、双手術ともなることだ。

 

更に、元手の変手勝ともなるように工夫されているので、当身として習っても、口伝を受ければ、そのまま、状況・得物に応じて使いこなせるようになっている。

 

ネットなどで、古術は、日本5大捏造流儀の一つとして数えられているようだが、我々、古術者は、それを見て笑っている。

 

なぜなら、この当身を拍子取り・双手術・元手と使いこなす発想を個人で得るのは、並大抵ではないと思うからだ。

 

少なくとも、私個人ではとても無理だ。第一、手業に名前を付けるだけでも一苦労だろう。

 

歴史的な経緯については、多少盛っている話はあるだろうが、手業に関しては、これほど、面白い技はないと、自負している。

 

最も、私には、古術を普及させたいとか言う気は無いので、気楽に稽古が出来る。私の本願は、古術の手業が、数手でも、生き残ることだ。

 

現在、得物については、木霊丸師範が、着実に引き継いでいるし、また、備中の空丸師範も熱心に研究されているので、十分満足している。

 

体術も、風門館の門中諸氏が、日本拳法道ルールに必要な組討法と当身。護身用として取手は、かなり残るだろう。

 

もう後、10年ほどは、形稽古は出来そうだから、日々、「福光の手」も、残っていくだろう。

 

古術には、神秘的な達人技はないが、合理性・普遍性・汎用性の高い技はいくらでもある。

 

一人の達人を作るより、15人のそこそこを作ることを目的とした流儀だから、その点は徹底している。

 

平時なら、達人を目指す時間もあろうが、乱時には、一人の達人より、15人のそこそこの武者を育てる法が戦力になる。

 

大阪の陣以前、既に鉄砲の集団戦の時代に入っていたのだから、いざ、鎌倉に備えるのに、一人の達人を作っても仕方が無い。

 

武芸の流儀とは、根幹の思想・その時代背景・歴史的経緯を理解しないと本質が分からない。

 

最も、他人様に理解してもらおうとは思ってもいない。使えるから伝承している。その一点に尽きる。

 

今も、武道経験の長い、木霊丸師範・空丸師範・千手丸三段が、熱心に学ぶのもその点を知っているからだろう。

 

まあ、面白いから稽古している。ただそれだけのことである。