風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

f:id:huumonkan:20190506135221j:plain

 

年々歳々花相似  年々歳々、花相い似たり

  歳々年々人不同  歳々年々人同じからず

不思議なことに、毎年、春になり、水仙の花を見ると、この詩句を思い出す。

仕事場の先輩だった人がが好きな詩句で、俺がその現場に着任した際の、迎えの言葉でもあった。

毎年、花は、同じ花を咲かせるが、人は、移ろいやすく、この世も常に変転している。

俺は、自分の人生を基本後悔しない人間だが、どういう訳か、この水仙の花を見ると、この詩句を思い出し、そして、己の来し方を思い返す。

で、何だろう。微妙なこの苦さは。春は、感傷的になる季節なのかも知れない。

四季美しいこの日の本は、春に卒業式があり、入学式があり、退職があり、配置転換があり、入社式がある。

別れと、出会い。全てが、桜色に思える。今となっては。

つぶやきたくなる季節なのかも知れない。花も散る。

人も、いずれ散る。ならば、どう生き、どう散れば良いのか?

答えある。迷いも無い。しかし、力は無い。だから、つぶやき続ける。

無力感・徒労感。疲れ果て、諦めかけて、辞めようとするのだが、また、その道に戻される。

 

笹舟だな。人の一生は。まあ、いい。もう61歳。令和まで、生き延びた。

 

後、20年。流されていくのもいいだろう。