風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

Berryz工房「ジンギスカン」

まさか、この歌がこういうカタチで蘇るとは、世の中は、常に恐ろしい。この歌が流行っていた頃。俺は確か大学の3年だったような気がする。地方公立大だから、さほどの学歴でも無いが、では、簡単かというと学費が当時、国立より安いのだけが自慢の大学だから、それなりのレベルはあったと思う。

それでも、オイルショックの後で、就職が無かった。毎年、卒業生の就職先の掲示板を見ては、就職率があまりに低すぎる現実に打ちのめされていた。

苦労して、受験勉強して、挙げ句の果てが、まともな就職がない。

卒業した先輩が、実家のみかんを路上で売ってる姿を見るにつけ、絶望と虚無にひたされていた。

意味も無く、ディスコで毎晩踊っていた頃があると言えば、今の俺しか知らない人間からすると信じられないみたいだが、あの頃の絶望感は今でも忘れられない。

それが、不思議なことに、俺が卒業する年、いきなり景気が回復して、同級生の大半が、一部上場企業に行くか、公務員になった。

俺でさえ、NECから、直接声がかかったくらいだから、個人の努力も大切だが、一番恐ろしいのは時流だと思い知らされた。

結局、株をやるようになった原体験はそこにあるような気がする。

何にせよ。この景気の良い曲は、俺には、あの頃の絶望と虚無を蘇らせる苦い曲だ。

あの、路上でみかんを売っていた先輩はその後、どうなったんだろうか?ふと、そういう風景が思い出される。