風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

風門館徒然。護身とは、自分のためにある。

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=TVnA_u7aRnc

 

風門館徒然。護身とは、自分のためにある。

 

よく、極真が強いとか、どこそこが強いとか言う言葉を聞く。しかし、強いと言われる流儀の場合。当然、稽古もなまやさしいものではない。

 

一般的に、強い流儀と言うのは、私のような人間からすると、元々強い人間がより強くなるシステムではないかと感じられる。

 

他人が、いくら強くても、私を守るのは私自身だ。

 

だから、普通の体力の人間でも、あるいは、年輩の人間でも稽古できるシステムを研究し続けたのが、風門の33年の歴史である。

 

世の中の、凄い人たちとは無縁の、<市井に暮らす凡夫のための護身の芸>とは、いかにあるべきか?

 

風門館は、今も、それを追求している。

 

基本・形・技の練り・基礎体力・手合。

 

このバランスを追い求めて、今の形となった。

 

手合も、シュミレーションの一つだから、それぞれに、短所と長所がある。それを知った上で、自分のために取り組めばよいと私は考えている。

 

50歳になっても、マススパーなら、たいていの人が出来る。間合い・拍子・起こりを読むのには十分ではないかと私は思っている。

 

受け返しで、技を練り、目慣らしで、間合い・拍子・起こりを読む。これなら、年輩者でも無理なく稽古できる。

 

50代の人には、良い稽古法だと私は感じている。