風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

風門館Q&A 組み手が心配なんですが、大丈夫でしょうか?

 
風門館Q&A 組み手が心配なんですが、大丈夫でしょうか?
 
この質問も当然だと思います。しかし、心配は無用です。
 
風門館では、年齢・経験値・本人の意志の尊重を最優先にしますので、無理な組み手・スパーの強要などは、まったくありません。
 
最初は、遠当という、お互いに絶対当たらない離れた距離から始め、順次、間合いを詰め、強度を上げていきます。
 
基本的に、護身目的の場合。この動画にあるような。面スキンタッチ・他ライトコンタクトの鍛錬手合L1.5で、十分だと思います。
 
動画の二人は、48歳と46歳です。50代でも、このL1.5だと問題なくできます。
 
万が一の防犯の相手は、武道や格闘技の達人ではありません。むしろ素人か、経験があっても、生活が乱れて現役で稽古していない人間がほとんどでしょう。
 
我々風門の考えでは、武道なり格闘技なりで、3段以上を越えて、現役で稽古しているような人間が、道理の通らない犯罪をおかすはずがないと意宇前提で稽古しています。
 
無論、絶対はあり得ませんが、それほどはずれているとは思えません。
 
週一回でも、現役で動いている人間は、思うより強い。仕事との兼ね合いを考えると、このL1.5で目を慣らしていれば、十分だと言うのが、風門の考えです。