風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

力振・玉石の行。豊前福光派古術

f:id:huumonkan:20190414182949j:plain

玉石の行。08年1月九州豊前香春古宮八幡神社

f:id:huumonkan:20190414183110j:plain

f:id:huumonkan:20190414183134j:plain

写真提供 「おやじの魅力」のおやじさん。<http://blogs.yahoo.co.jp/yasu1233jp

縄文の昔から、この弧状列島に暮らす人々は、石に神の精霊を見た。

石は、神の依り代であった。

玉石を掲げ、天高く突き上げる、即ち、石に神の降臨を願う。

神人一体となるための、行である。

古代・人々は、力人に神の神威(カムイ)を見た。

その、伝統は、戦前まで、多くの神社にて受け継がれてきた。

宮相撲・力石として。

しかし、戦後のGHQによる支配体制は、その古俗・風習の全てを封建主義の名の下に葬り去った。

 

だから、古俗は次第に失われていく。


かって、村々で、祭事として、あるいは、日常的な遊びとして行われていた、相撲・力石比べも、今や知る人さえ少ない。

この古俗のような行を、風門は現在十二法伝えている。