風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

<気狂>、もしくは<雄荒振>

f:id:huumonkan:20190401205856j:plain

気狂 08・1・14 

f:id:huumonkan:20190401210027g:plain

気狂2 08・1・14 豊前香春古宮八幡神社

   豊前福光派古術では、<気狂>という練法がある。

気が狂ったように立木打ちなどを行う行法である。
示現流や剣道の切り返し、係り稽古と同様である。

無念無想。ただひたすらに雄叫びをあげながら、突貫訓練を行う。

そこには、高度な理論も理屈もない。

ただ駆け走り、駆け斬る。命を捨てて、天意に従う。

それを身に染みこませる。突き詰めれば、ただそれだけの行法である。

しかし、いざというときにそれが出来るのかというと難しい。

だから、福光派は徹底的にそれを脳髄まで落とし込む。

芸法修練の目的は、脊髄反射に落とし込むことにあるという、非常に分かりやすい流儀でもある。

また、このことを<雄荒振>と言う、<おらぶる>は、当地においては、、気勢を張るという意味で使う。また、同じく大声をあげることも言う。

<魂捨猪振る>の一つの示現であると思えば良い。

写真提供 「おやじの魅力」のおやじさん。<http://blogs.yahoo.co.jp/yasu1233jp