風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

九州新幹線放火未遂。2021・11・9

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=6rDaNkr0FGI

 

九州新幹線放火未遂。2021・11・9

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211108/k10013338381000.html

 

京王線模倣犯だとか。結局、こういう人間が続出するのは、心神喪失とかで責任能力が無いから、無罪という馬鹿げた判決が、出るからだ。

 

治国平天下は、国家の重要事項だが、司法・行政・立法の三権が、市井に暮らす我々のような凡夫を守る意志がないからとしか、思えない。

 

税金を取ることだけを考えて、治国平天下をおろそかにする。まさに、その政権の末期に出てくる症状に似ている。

 

世界一、治安の良い国と私自身も思ってきたが、だんだん、そんな時代では何では無いのかと疑念を抱き始めた。

 

国民の生命・安全・財産を守ることが国家の最大の責務だ。そのために徴税権を与えられているのでは無いか?

 

私は、最大の護身は、国家が、政を真剣にやり、五穀豊穣・天下泰平をもたらすことだと考えている。

 

国が、それをおろそかにするならば、その政権は、大政奉還をしなければならない。

 

個人の護身術を週二時間ほど磨いたところで、限界がある。むしろ、そんな、護身術など無用の長物となるような政こそが理想だ。

 

もののふは、政に関与すべし。特に、これほどの民主主義政体は、世界でも珍しいだろう。市井に暮らす凡夫でさえ、治国平天下に疑問を持つようになったら、政権・政体が機能していないということになろう。

 

まつりごとに関与しつつ、個々人の術を磨く。打てる手を打つしかない。