風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

令和二年 風門館稽古始め。ハイキック祭り。田川郡福智町武道館 1月12日。


風門館稽古始め2 ハイキック祭り① 田川郡福智町武道館 1月12日。

 

https://www.youtube.com/watch?v=Zcr9AWxR5sI

 

令和二年睦月12日。午前の部。小雨。福智町武道館

 

行者:木霊丸氏・常磐丸氏・童子丸氏・K氏・S君

顧問:宮崎宗範。

 

稽古内容 体術総合・体術護身・得物古伝

 

カーフキック研究・風門館当身拳法素振12箇条・日本拳法道形

サンドバック・キックミット

新空手ルール2分2R

 

今日から、風門館は稽古始め。最近、流行っているというカーフ?キックを研究。動画で見て、私と宮崎宗範で研究する。

 

風門の場合。こういう新しい技が流行っても、日本拳法道と福光流、これ今は秋月流で解釈するので、特に困らない。

 

カーフ?キックと言うけれど、要するに、古術で言えば丁字掛けの応用に過ぎない。しかし、この技は、護身としては使えると思って、早速やってみた。

 

極真のトップレベルがユーチューブで懇切丁寧に解説してくれるから、もはや、秘伝などと出し惜しみしていたら、その流儀は潰れるしかないだろう。

 

恐ろしい時代になったと思う。まあ、ありがたいが。

 

我々、風門は、日本拳法道ルールで、専ら他流試合を行う。流行の技は必ず研究しておかないと新手にはめられる。だから、時代に流れに敏感にならざるを得ない。その日本拳法道のシステムが好きだ。しかし、一方、それを古伝の古術の技を応用してこなす。まさに、風門スタイルの醍醐味であろう。

 

最後は、童子丸氏が、2月の上旬に、新空手の予選に出ると言うことなので、宮崎宗範と常磐丸氏が、2分1R。腰上蹴り技8本ルールで相手をした。

 

雷電会長から、サンドバックを寄贈してもらってから、やはり回し蹴り系統の技が上手くなった。

 

人数もそこそこ増え、活気づいているのが嬉しい。今年も一年。怪我無く、安全に。しかし、緊張感のある武道らしい稽古をしたいものである。