風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

日本拳法道連盟 風門館八幡同好会 千手丸三段指導編。北九州市八幡西区市瀬公民館 2022・8・12。

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/shorts/DgrTorX9jMc

 

令和4年8月12日 金曜日 19:30-21:00 曇り 八幡西区市瀬公民館

先達:先手丸

行者:八咫丸氏、弦音丸氏、体験者一名(見学)

 

稽古内容 足捌  四方八方

基本  

基本構、左右直突・左右直蹴、各20本  

組手構、左右直突、各10本 組手  

鍛錬手合 L2、2分15セット(1人5セット)  

 

千手丸が先達として稽古を行いました。 開始前に、体験の方に日本拳法道についての説明を行いました。

 

最初に足捌きの基本をやってウォームアップとし、次に体験の方も交えて基本の突き蹴りを行いました。

 

残りは時間がくるまでスパーに当てました。

 

すでに風門祭に向けて実戦練習が増えてきているため、おろそかになりがちな足捌きを行いました。組手のような刻一刻と状況が変わる状況で自分の構えを崩さないようにするためには、バランス感覚はもちろんですが足捌きが重要です。正しく足を動かす事でで居着いてしまったり重心が崩れてしまったりする事を防ぐことができます。

 

それをふまえて組手に取り組みました。また、3人で2分の組手を休みなく回していくのはなかなかハードですが、こうすることで、疲れて息が上がっている状況でどうやって息を整えるかを意識する事ができるようになります。

 

風門祭で全力を出すためにも、スタミナ強化はもちろん、ペース配分の感覚も養っておかなければなりません。

 

風門祭では選手兼スタッフになりますし、手が空いたとしても他の人の試合を全力で観戦しているので休むところがありませんからね。

 

まだまだ暑さは続きますが、風門祭に向けて頑張っていきましょう!市瀬公民館にはエアコンがありますので、快適に稽古ができますよ!