風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

風門館の魅力。多彩な投げ技。その2。首取り膝車からの尾長鳥。

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=p1XFG5N-SMM

 

風門館の魅力。多彩な投げ技。その2。首取り膝車からの尾長鳥。

 

風門館の魅力として、多彩な投げ技を有しているということを書いたが、福光流の組み討ちは36本ある。柔道に似たのもあるし、合気道的なものもあれば、サンボ的なものもある。

 

それをベースに、当て身・投げ・寝技有りの日本拳法道ルールで、使えるように工夫したものを、現在風門館護身体術として教伝している訳である。

 

この首取り膝車からの尾長鳥も、私が、KBの首相撲と古術の膝車・尾長鳥(柔道で言う内股を古術では尾長鳥と言う)を化合して作ったものだが、この技をものにするために、どれほど他流試合をこなし、地稽古をこなしたか。

 

古術を捏造流儀と簡単に言う人間に出会うと、心の奥底から怒りが湧いてくる。

 

何を以て捏造と言うのか?柔道をやったことがない私が、これだけの手業を有しているのは、私が、ユーチューブで研究したからだとでも言うのだろうか?

 

お前がやってみろ。と言いたくなる。動画で学んでも、ベースが無い人間に、簡単に出来るはずがないだろう。自分の経歴・流儀は一切披瀝せず、まして、己の動画も出さない人間が、古術を捏造呼ばわりすることに怒りを覚える。

 

伝書があるかないかが、大事なら、武道研究家ではなく、武道史研究家だろう。そういう人間が、今も、他流試合を繰り返しながら、古術の手業の効き具合を試している我々に、実技としての古術に関して、書斎から批評するなと叫び続けている。

 

私は、昔から、何事においても評論家というのが大嫌いだ。汗も血も涙も流さず、ああだこうだと言っている。しかも、ネットの時代、知識は詳しいが、顔も出さず、動きも見せずに、人の流派を捏造どうのと批評する。

 

そういう人間を見つけると、こういう連中が、日本伝武道を腐らせるのだと思う。

 

その点、うちの門人はいい。古術についても、何しろ日本5大捏造流儀にランクインしてるからと言っても、みんな笑い話しで、興味が無い。

 

なぜなら、競技武道をやりたい、あるいは、護身実用を学びたい人間にとって、流儀の捏造などは、関心がないからだ。

 

彼らにとって、関心があるのは、私の教える技に学ぶ価値があるのかどうか。その一点に尽きる。だから、週一回の稽古は、真剣勝負だ。

 

特に他流派出身の新規会員は、冷徹だ。少なくとも、指導者としての武道・格闘技の凄い人たちを見てきているのだから、私の教える技にも当然厳しい視線を向ける。

 

そういう人間相手に、使える技を提示出来なければ、風門館は、あっという間に解散だろう。

 

今、T氏に伝授している技は、T氏に向いている技だ。空手・ボクシング経験はあっても、投げは、未経験。その彼に、組み技系に対抗できる手業と、その入り方。また、かからない場合の変化。

 

この3段階を教える。

 

風門館には、何の神秘もない。あるのは、徹底的な合理だけである。その合理が魅力だという人が残っていく。

 

それが、風門スタイルの真骨頂で有り。また、プライドとなっていくのである。