風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

豊前福光派古術拍子取 双羽取蹴手繰里大外。田川郡福智町武道館。2021・8・8

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=F9PWYUZILy0

 

豊前福光派古術拍子取:双羽取蹴手繰里大外

 

風門館で教えている護身体術のベースは、鎌倉古流福光派の手業が多い。ただ、今の門人は、みな、日本拳法道を学ぶために入った人が多く、古術の説明がなななか面倒なので、最近は、風門館護身体術として教えているわけだ。

 

特に短刀取りの類いは、ほぼ、古伝の福光流であるが、礼法を省き、踏み蹴りは、派手にしているので、区別して風門館護身体術として教伝している。

 

風門関連の動画の中で、拍子取とあれば、それが古術の業である。

 

豊前福光派古術素手第2法取手と言うのは、立ち関節技の総称で有り、間合いは、手合の間で用いる。その奥伝が、拍子取12本で有り、これが古術の短刀取りの類いとなっている。

 

また、この拍子取りは、得物を持てば、小太刀・バチ術・双手術などに変化するもので、応用は千変万化である。この術を会得すると、身の回りの全ての物が体術と一体化して使えるようになり、あまり公開しがたい部分もある。

 

現在は、私の下で、日本拳法道の初段を取った者以上に、機会があるたびに、伝授している。この拍子取を学んだ者は、双手術などの体得も早い。

 

最近、新しい人も入ったので、風門館における表武芸の日本拳法道と裏武芸である古術の関係も時々、こうやって書き残してゆきたい。