風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

烈士。三島由紀夫。

 
私は、日本派ブルーオーシャン三割説を連日唱えている。
 
その根拠はと言われるが、それは、私自身の皮膚感覚から来ている。
 
しかし、それは曖昧だろうか?
 
ブルーオーシャンは、目に見えないから、ブルーオーシャンなのである。
 
姿を表したときには、既に大海で有り、ブルーではなく。恐らく怒りのレッドオーシャンとなっているだろう。
 
しかし、その皮膚感覚を傍証する事例は、いくつか上がっている。
 
その一つが、この映画だ。
 
商売人は、売れない物は作らない。
 
売れると思うかから、作るのだ。即ち、そこに需要がある。
 
それが、まさしくブルーオーシャンが実在している証拠では無いか。
 
数字しか、信じない者は、この興行成績を見るといい。
 
ちなみに、映画の怖いところは、劇場だけで終わらないところだ。
 
DVDで買うもの。さらに、レンタルで借りる者。
 
それ以前に、こうやって、三島由紀夫の肉声が、言霊がユーチューブで流れ、日本人の心を揺さぶる。
 
腹を切ることで、自らの殉死を、言霊に肉付けし、半世紀後のカルタゴ化した日本人に届ける。
 
まさか、そこまでの計算が在ったとは、思えないが、天才三島烈士ならあり得ると思う。
 
今まさに、我が国は、国体の危機に瀕している。
 
その時に、三島烈士の肉声が再び蘇る。
 
これは、偶然か?私は、時代が呼んだと思っている。
 
日本のカルタゴ化を半世紀前に既に危惧し、日本という精神の共同体を守るために殉死した男の清冽な言霊が、今や、日本中にあふれかえっている。
 
やはり、日の本は、神国だと思う所以である。