風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

エキテンに、CMを打つ。果たして、効果やいかに。

f:id:huumonkan:20211230154144p:plain

風門館ポスター3号。制作。千手丸氏。

 

世の中は、全てタイミングだと思う。実は、ここ最近、FBのページで、有料の広告を打とうかと迷っていたところに、エキテンから、電話があり、かつ、営業の女性の対応が良かったので、ええい。ここは、飛べ。ということで、契約してしまった。

 

18ヶ月で、9万円。おお!恐ろしい。うちの場合。1レッスン制。700円を謳い文句にしているが、このうち、200円は、場所代だから、私がもらう分は、500円にすぎない。となると、500円×10人=5000円。×10回(2ヶ月と2週)で、5万。5ヶ月で8万。差額、-1万。

 

実際の人数。現時点で、5~6人。しかも、1レッスン制だから、固定した人数が全く読めない。だいたい、3人は来るだろうという、田舎的なおおらかさでやっているが、広告費に9万も使って、効果が無いときは痛い。

 

日割りにすると、166円とか。それを聞くと、う~ん。コカコーラ1本分で、エキテンで宣伝できるならと思ってしまった。

 

しかし、後悔はしていない。もしかすると、5・6万は損失が出るかも知れないが、この際、一人でも多くの人に、日本拳法道を知ってもらいたい。また、風門館が九州豊前田川にあることを知ってもらいたい。

 

9万かけて、どの程度の人間にリーチするのか分からないが、他の道場のエキテンの広告を見ているので、それなりに、認知度は広がると思う。

 

日本拳法道ルールは、素晴らしい。日本拳法と空道の中間的なルールだが、一般社会人が、競技として、護身として、健康として取り組むには、非常に優れた乱取法だ。

 

これが、このまま、人知れず埋もれていくのは、あまりにも、残念すぎる。

 

私は、日本拳法道と出会ったことで、一人の人間として、悔いの無い人生を得ることが出来た。そういうチャンスを、これから先の人に残しておきたい。

 

多分、それが、私の風門にかける熱情の真因なのかも知れない。

 

また、空道が、空手+柔道と説明する文を見る度、日本拳法道+福光流古術の風門スタイルも、エッジが効いていいのではないかと思っている。

 

空道や日本拳法にはついていけない、しかし、そういう打撃系総合ルールを安全にやりたい層にとっては、風門は最適解である。

 

私が、いつも口にするのは、<金が欲しくて、風門館をやっているのではない、人が欲しくて、やっているのだ。>と言うことだ。

 

しかし、タダとか、ボランティアとかでやるのは嫌いだ。世の中は、全て、その正当なサービスに対しては、それに値する対価を払うのが基本だ。

 

2時間。500円。時給、250円の世界だが、その代わり、お客様扱いはしないのが、風門の鉄則で有り、厳しさだ。

 

逆に言うと、私が、時給250円で、教えても良いと思う人間にしか教えない。客も道場を選ぶのは当然だが、風門館は、館長である私が、客を選ぶ場でもある。

 

そこらへんを勘違いした人間には容赦しない。だから、増えないという部分もある。

 

今回、プロに頼もうと思った主因は、実は、私自身が分からなくなってきているからだ。外の目から、風門がどう見えるのか。そこにも興味があった。

 

風門館32年の歴史の中で、金を出して広告を打つのは初めてだ。9万で、18ヶ月。

 

どういう結果が出るのか、ある意味楽しみにしている部分がある。9万とは言え、うちにとっては、大博打である。

 

これで、駄目なら、エキテンと言うプロも、たいしたことがないと言う私による評価が下る。

 

金をもらうと言うことの厳しさ。それが、プロの厳しさでもある。それを、知ることが門中・門人達にとっても、学びの場となるならば、惜しくはない金額だ。

 

とりあえず、乞うご期待。と言うことで締めくくろう。