日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 風門館公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

YouTube 風門チャンネル 600,364View 突破記念 2024・6・8 Since2009・2・20 

www.youtub.com

 

https://www.youtube.com/shorts/Tnd5zSun7fM

 

YouTube 風門チャンネル 600,364View 2024・6・8 突破記念 

Since2009・2・20

 

近々、60万回再生行くとは思いながら、伸びない動画もあるので、本日、1本上げたら行くのかなとか思いつつ、ふと開いてみると、既に行っていた。

 

記録を見ると、2009・2・20にチャンネル開設以来15年間、本日、2024・6・8で、60万回突破。

 

ロング・ショート合わせて、1293本。登録者数510人。

 

総再生回数。600、364回。

 

どの動画で、行くのかなと思ってたら、6月6日。小倉クラブの、私とArts先生の形動画が412回稼いで、突破したから、なんか、ほんと記念日ぽい。

 

還暦過ぎの、60代、古希まで稽古組二人の、ああでもない、こうでもない、形の分解動画が、まさかの、60万突破記念動画になるとは思って無かった。

 

我々、古術者は、偶然の中に、神意を見る。風門の今後のあり方を示唆しているのかも知れないと思っている。

 

実を言うと、YouTubeチャンネルの開設をいつしたのかとかあんまり覚えていない。最初の頃は、単に、昔の私の試合動画のうち、たまたまVHS?に撮っていたのが、何本かあった。それを千手丸氏が、デジタル化してくれたので、それなら、道場の宣伝&私の記録的なものとして残したいよねと、いうくらいの軽い感覚で始めたんだと思う。

 

その後も、定期的に、動画のUPは続けたが、再生回数とか、とくに気にしたことは無かった。そもそも、日本拳法道などというマイナー流儀の再生回数など伸びるはずが無いと思っていたからだ。

 

まず、源流である、日本拳法知名度が、なぜ?というくらいに低い。自衛隊が採用し、警察が採用しているにもかかわらず、素人はともかくとして、空手の黒帯でさえも、日本拳法を知らない人が多いのに、当方としては、驚くしか無い。

 

一番、腰を抜かしたのが、私より相当年輩の杖道琉球古武道・居合・空手の高段者で、かつその先生の空手は、防具付きであったにも関わらず、日本拳法を知らないと言われたときには、衝撃的だった。空手でも、防具付き。しかも、2段・3段クラスならともかく、道場構えている高段者が日本拳法の存在を知らないという現実に打ちのめされたことがある。

 

日本拳法>を知らないなら、<日本拳法道>のことなど知るよしも無い。私にとって、源流である、<日本拳法>はメジャー、そこから派生した、<日本拳法道>はマイナーというイメージだったので、これが、現実かと打ちのめされたほろ苦い経験がある。

 

日本拳法道連盟・風門館は、知名度0という、その入り口の闘いから始めなくてはならない不利な状況の中、福岡県田川市郡という過疎高齢化・少子化・消滅自治体として全国でもけっこう上位にランクインするマーケットの中で、この36年間生き延びているのだから、希有な道場とも言える。

 

さらに、追加すると、この少子高齢化・過疎化だけなら、まだしも、この人口わずか12万1,813人(R3・3・31)規模の絶望的なマーケットに、プロKBのジムが6箇所。プロMMAのジムが3箇所。(あくあでも私の知る限り)

 

それに加えて、極真を始めとするフルコン系・全空連系・沖縄系空手、少林拳系、太極拳合気道大東流系、杖道、柔道、剣道、居合、ボクシング、相撲、テコンドー、一般では無いが高校にレスリング部。唯一、出てないのは少林寺拳法のみ。

 

独特の地域だ。人口に対して、武道・格闘技の道場・ジムがひしめき合って、完全にデフレマーケット。ここで、生き延びてこれたのが、不思議なくらいだ。

 

こうやって、数値化すると気分が萎えるが、同時に、36年間で、のべ800人を教え、現在、黒帯を7人抱え、田川郡福智町・八幡西区、小倉南区と3箇所展開している事実も見逃せない。

 

武道・格闘技の道場は多いが、防具式MMAと護身用の形稽古を同時に併修できる道場は、ありそうで案外と少ない。ニッチなマーケットだが、多忙な社会人が、ワンストップで、護身・健身・修身の三位一体を図るなら、手頃な道場だと思っている。

 

風門館の都度払い、護身に関して、ワンストップは、私が欲しかった道場の理想型である。

 

私の理想を、他にはないから、自分で作った。これが、風門館の原風景である。

 

プロになりたいとか、アマでもTOPを目指したいとかなら、いくらでもジム・道場が

ある時代だ。また、得物だけとか、何かの競技ルールのみを専門にとかも、いくらでも選択できる。情報もあふれかえっている。

 

しかし、そこまで、専門的で無くて良いから、護身・競技・健身・修身を自分で選択し、月1ペースで通いたい。そういう習う側の都合に合わせてくれる道場は少ないはずだ。

 

最近、チョコザップが流行っていると聞くが、不思議は無い。ユーザー側からするとそういうのが欲しかったというところだろう。

 

私は、護身におけるチョコザップ的なものを目指して活動してきた。そのニーズは必ずあるという思いは揺るがない。

 

資本主義の基本は、選択の自由にある。我々の提案に、ニーズは実は無いのかも知れないと悩むときもある。しかし、選択とは、可視化できるから起きる現象だというのが、まず、第一歩だ。

 

棚に並んでない本は、選択のされようがない。だから、私は、ネットをやっている。

 

選ばれる、選ばれない以前に、存在していることを認知してもらう。

 

風門の闘いとは、そんな初歩的なところでやっているのが現状である。しかし、私は、世の中には、必ず私と同じような人間がいると確信しているので、本日も心・陽気にネットに書き込んでいるのだ。

 

YouTube 総再生回数60万越え。すなおに喜びたい。YouTubeでの収益化とかを狙っている訳ではないので、今後も、奇抜な動画を出す気は無い。あくまでも、日本拳法道と風門館の認知度を上げるための活動の一環とする方針は貫く。

 

ただし、数字が、励みになるのは確かだ。次は、100回再生回数を狙って、日々の稽古を着実に積み重ねていきたい。

 

風門グループ稽古場所

風門館田川道場 田川郡福智町武道館 毎週日曜日 10:00~12:00

キッズからシニアまで 都度払い 700円~1000円

風門館八幡道場 八幡西区市瀬公民館 第2・4金曜日 19:30~21:00

*中学生からシニアまで 都度払い 700円~1000円

日本拳法道小倉クラブ 小倉南区徳力市民センター 第1・3木曜日

19:30~21:00 キッズからシニアまで 都度払い 1000円 

 

連絡先 風門館事務局 ☎0947・32・3550

kirara.1958ss@gmail.com 代表福光まで。