風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

風門館:雑食性論。君は居酒屋が好きか?


豊前福光派古術 素手第一法 当身四種(花手)

 

https://www.youtube.com/watch?v=sRptnMqLvRY&t=14s

 

私は、居酒屋が好きだ。焼き鳥・豚足・刺身・雑炊からナポリタン。手頃な値段で、何でもありの世界が好きだ。

 

懐石料理とか、フレンチやイタリアンも行ったことはある。嫌いとかは無い。ただし、落ち着けるか?楽しめるか?となると、やはり、居酒屋が一番良い。

 

これは、理屈抜きで性分なんだろうと思う。

 

恐ろしいことに、この性分は、間違いなく、武道にも反映されている。

 

私は、空手2流派・合気系3流派・剣道・KBと現代武道・格闘技も一通り経験はしている。そこで、満足していられるのなら、日本拳法道には来なかったと思う。

 

しかし、やはり、満たされなかった。

 

結局、空道とか日本拳法スタイルが好きで、たまたま、縁あって、日本拳法道に辿り着いたが、やはり、こういう自由度の高い流儀が好きなんだろうと思う。

 

+。風門館では、これに、福光流古術が加わる。古典的ではあるが雑食性では、日本拳法道と古術は非常に精神風土が似ている。

 

だから、日本拳法道+福光流古術を併伝する風門館は、まさに私にとってのパラダイス。何でもありの天国である。

 

また、日本拳法道連盟というのが、組織的に自由度が高く、他流派との交流や、よその大会出場にも一切頓着が無い。

 

こんな伸び伸びできる組織は、あんまりないと思う。おかげで、今も、自由にやらせてもらっている。

 

風門館に来る人は、だいたい何らかの武道経験者が多い。ここで、注意点は、武道経験者が多いいが、格闘技経験者は来ないという点も31年やって、例外が無いから恐ろしいくらいだ。

 

時々、難しいことを言い、書く私だが、本質的に、風門館は、居酒屋だと思って運営している。世の中には、懐石やフレンチ・イタリアンではなく居酒屋が好きな人間も必ずいる。そういう人間の受け皿になりたい。

 

それが、私の風門運営の根本の理由である。