風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

風門館徒然。気の向くままに。得物護身。12月12日。

f:id:huumonkan:20201214165507j:plain

 

令和2年12月12日。土曜日午前の部。晴れ。風門館本部道場。

 

稽古内容 得物護身

 

豊前福光派古術得物第一法:元手・変手勝

一本目:一文字、二本目:叩き。

 

3週ぶりの稽古か?風門館得物芸法コースは、福光流の太刀術を中心として稽古するコースである。このコースは、積極的に人を募集していない。

 

私の日本拳法道の門下のうち、現役を引退し、かつ、私が、人柄を見極めて、この人ならと言う人間に声をかけ、稽古するというスタイルを取っている。

 

現在、一人。

 

普及では無く、道統を守ることが目的だから、のべ800人教えた日本拳法道の門下の中で、選りすぐった人間にしか教えない。そういうコースである。

 

古術は、元々、地道な稽古をする流儀である。だから、一番必要なのは、根気力である。

 

私が、選ばれたのも、根気力だったんだろうと思う。私は、他のことには根気は無いが、武道はけっこう根気があるのかも知れない。

 

とりわけ、古術は、体質が合うんだろう。かれこれ、半世紀以上続けているから、自分でも異様だと思う。

 

木霊丸氏も、日本拳法道で、私の門下に入って、既に、25年か?

 

古術を、専らとするようになって、既に、15年か?

 

私が、選んだだけのことはあるなと思う。

 

二人で、都合のつく土曜の午前。古術の元手を稽古する。形を通して、千変万化する古術の理合と手業をともに修練する。至福の時間である。

 

この至福を知ったが故に、400年16代にわたって続いてきたのかと感心する。と同時に感謝している。

 

先祖の残した手を修練しながら、得物の理合いを探り続ける。

 

楽しい。だから、続くんだと思う。古術福光派にとって芸法は楽しいものである。

 

その道を示してくれた祖先の偉業を私は讃えたい。