風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

風門館護身体術。蓮引裾返

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=03HgaLG14l0

 

風門館護身体術。蓮引裾返

 

掛り左面突き⇒手刀で払いながら、斜め後方にステップバック。これを古術では蓮引と呼ぶ。

 

その後、裾を蹴り返す。

 

蓮は、斜を表し、引く、は退くの意味である。こういう当て字を用いて、用法を隠すことを古術では<文字隠し>と呼び、独特な文化となっている。 

また、アキレス腱あたりの急所を、古術では裾と呼ぶので、そのまま、使用した。

 

風門館護身体術は、私が日本拳法道に入ってから、既に32年。この間、他流試合のために各種武道・格闘技の研究を続けてきたが、

 

その結果、古術の体捌・歩法を利用したり、日本拳法道と古術を癒合させたりする技がけっこう増えてきた。

 

日本拳法道の範疇を越え、かと言って古伝の古術と言うには、無理のある技。でかつ、護身としては有効ではないのか?と言う技は、風門館護身体術として編成した方が、誤解を招かないであろうと思うようになり。現在、その都度都度に編成している最中である。