風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

風門館護身体術。蹴足払表裏:裏払 田川郡福智町武道館。2021・4・4 

www.youtube.com

 

風門館護身体術。蹴足払表裏のうち裏払い。 

https://www.youtube.com/watch?v=cLChluPDOWg

 

令和3年4月4日。日曜日。午前の部。雨・於いて福智町武道館

 

行者:常磐丸氏・千木丸氏・A氏。体験入門一名。

 

稽古内容。体術護身・体術総合

 

カーフキック風・蹴足払表裏・袈裟蜘蛛・袈裟締

 

受け返し 下段・中段回し蹴り防御。手羽拳法4本

 

サンドバックフリー 30秒3セット

 

稽古の流れは、引き続き同じ内容で行っている。風門では、1度新しい技を教えると最低でも、三度以上は同じメニューを組む。

 

元々、総合武道である日本拳法道自体が、技が多様で有り、週一回2時間では、カバー仕切れないところがあるのだが、これに、風門は、更に、護身用として、総合武術である福光流を加味し、その上に、風門館護身体術も研究しているので、いよいよ、混乱する。

 

最も、原理は同じなので、慣れると何と言うこともないが、初心者には、目まぐるしい展開となる。

 

しかし、そういう流れを繰り返すことで、徐々に、多局面における展開を学ぶことができるようになる。

 

我々、風門は、凡人のための護身術を研究している。そのためには、広く浅くも、広い方が良いというのが私の考えなので、そういう方向で稽古している。

 

今は、教える場も多様にある。狭く深い・広く深い。そいう道場やジムもあるのだから、我々のように、あえて浅くなることを承知の上で、多局面に展開できるよう広いものを選択する場もあっていいと思っている。

 

後は、選ぶ側の自由だろう。

 

ちなみに、今日、体験入門が一人あったが、やはり、仕事の関係で、月1とか2しか稽古できないということを言っていた。当然だろうと思う。

 

そういう人のために。風門は、来たとき払い。道場代込みの700円で、指導している。私の指導料は、ワンレッスン2時間。500円である。

 

これを高いと思うか?安いと思うか?福智町武道館の施設はいい。しかも、サンドバックまである(雷電師範の個人用を使わせてもらっている。)

 

これで、高いと言われたら、正直、来なくていい。

 

また、本日の体験入門の方も、50歳。ボクシング経験有りとのこただった。昔KBや空手をやっていたが、40過ぎて、ゆっくり形稽古中心でやりたい。そういう人のための道場が風門館である。

 

今も、40から50代で占められている。50歳でも、出来る稽古はいくらでもあるし、また、無理な強制などはしない。

 

風門館大人のための護身教室。興味を持たれたら、是非体験入門をしてみてください。