風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

風門館徒然。日本拳法道らしくなる。鍛錬手合L3.5。田川郡福智町武道館。2022・7・24。1レッスン制・700円。

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/shorts/Tgxg6dmnqXU

 

日本拳法道に入門するパターンとして、二種類ある。

 

一つは、何となく武道・格闘技をやりたくて、たまたま、それが、日本拳法道だったという場合。このパターンが大多数だ。

 

もう一つは、私のような転向組だ。既に、何らかの武道・格闘技を経験し、日本拳法道のルール・試合形式などを十分理解した上で、その上で選んで入門する。

 

だから、私のような転向組の場合。最初から、日本拳法日本拳法道の違いなどを知った上で、入門するので、入門してからの迷いとか、疑問というものがそもそもない。

 

何となく漠然としした理由で、日本拳法道に入門したのなら、私は、風門館の運営をとっくの昔に辞めている。

 

ちっぽけな片田舎のサークル運営であっても、苦労は多い。しかし、私がやらないと、八木山峠以東には、日本拳法道の拠点がなくなる。

 

この火を消したくない。その一心で、この33年間。運営してきた。

 

打撃6・投げ3・寝技1の比率は、私にとって美しいのだ。日本拳法道に入ってから、硬式空手・グローブ空手・アマKB・真武館と他流派の各種大会にも参加したが、やはり、私にとっては、6・3・1の比率は、黄金比率で有り、美の極致であった。

 

美しいものを見たいからやっているという面はある。

 

八咫丸5級。合同稽古会で、投げ有りルールを経験してから、一気に伸びた。元々、打撃だけなら、日本拳法道では、二段クラスなので、投げに対する対応力を身につけたら、大化けするとは思っていたが、私の予想以上の進捗具合だ。

 

彼は、懐が深いので、投げがかかりにくい。まだ、受け身に不安があるので、L4は早いと思っているが、背負い・大外刈り・裏投げの3種を禁止したL3.5まで来ている。

 

千手丸3段のスパーリングパートナーが十分務まる段階まで昇ってきた。

 

こういう日本拳法道らしいスパーを見ると、心地よい。6・3・1の攻防。これが日本拳法道ルールの最大の魅力だからだ。

 

9月には、茶帯になる。現在は、八幡同好会の中心となって頑張っているので、また、一人、本物の日本拳法道の黒帯が誕生しそうで嬉しい。

 

一人一人仕上げていく。それが楽しくて、私も指導している。