風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

防具式徒手総合武道・日本拳法道の魅力。「技を楽しむ・未知を知る・新しい驚きとの出会い」 田川郡福智町武道館。毎週日曜日。10:00~12:00。

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/shorts/fuKZT_xGdio

 

もうすぐ51歳。T氏。前回千木丸1級から、首相撲に取られて、苦戦した。そこで、諦める人には、日本拳法道や護身術は、向いていない。

 

T氏。今度は、S氏に、首相撲で果敢に挑む。私は、そういう精神が好きだ。

 

新しい技に果敢に挑む。そこが、徒手総合武道・日本拳法道の最大の魅力では無いかと思う。

 

新しい技を喰らい、それが歯がゆかったらそれを破る攻防を考える。そこが、日本拳法道の面白さなのだ。

 

新しい技は、喰らってみないと分からない。それを喰らって、始めて、それを防ぐ手の必要性を理解する。

 

マチュア競技としては、ほぼ、何でもありの日本拳法道では、そういう、機会に出くわすことが多い。

 

他流派の技を喰らい、その技をいかに防ぐかを研究する。そこが、実に面白い。

 

こういう展開になったからこそ、首相撲で捕まったときの最悪の場合の脱出法が生きてくる。新しい門人には、まだ教えていないが、私は、二つ持っている。

 

次の稽古の時には、それを伝えたい。

 

そういうのがわくわくするのだ。結局、面白いから続く。全てはそこに繋がっている。

 

風門館事務局。0947・32・3550 代表福光まで。