風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

風門館Q&A。40代後半で始めてもできますか?回答編。回転式馬乗り固めリーズ。

風門館Q&A。「40代後半で始めてもできますか?」回答編。回転式馬乗り固めリーズ。

 

風門館は、「大人のための護身教室」を謳って活動しているので、40代からの問い合わせが多い。その問い合わせ毎に、出来ますよ。大丈夫ですよ。と答えるが、半信半疑のようだ。

 

そこで、論より証拠。百聞は一見に如かず。を示すために、このコロナ禍で、入会したが、突然閉鎖を繰り返す中で、努力してきた白帯会員の動画を見てもらうことで、その回答としたい。

 

これを見ても迷うようだったら、武道をしたいとか悩むより、他の道で自己実現を図るべきだと私は思う。

 

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/shorts/lqFnVzr52KM

 

1景:八咫丸氏編。現在5級。46歳。入会歴1年・空手・ボクシング・KBの経験があるので、打撃だけだと日本拳法道では、初段クラスだが、組み技は未経験。昨年4月頃に入会したと思うが、コロナによる、閉館が相次ぎ、実質は、半年程度ではないかと思う。運動能力は抜群に高い。過去、のべ800人ほど教えたが、その中でも、4本の指に入る才能の持ち主。ちなみに、他の3人のうち、一人は、後に総合のプロとなり、K1有明コロシアムで、デビューを果たした。総合黎明期に活躍した宇野薫を宇野君と呼べるくらいのクラスまで行った男。もう一人は、獅子丸氏。柔道二段・打撃未経験で入門したが、打撃センスも抜群で有り、各種大会で活躍した。もう一人、中学で入門したM君も印象に残っている。純粋日本拳法道スタイルで、直突き・直蹴りは抜群だった。日本拳法道福岡武道館大会、中学の部で優勝。この3人が印象に残っているが、才能に関しては、八咫丸氏も劣らない。44歳から、空手・ボクシング等を始めたそうだが、よく無縁でいられたなと思うほどの才能を持っている。

ただし、組み技は未経験であるから、46歳で始めて、どこまでいけるか、福光流の手業の真価が問われる。楽しみな逸材である。

巴返しからの馬乗り固め、3回か4回で、ここまで来たから、教えた私の方が驚いている。

 

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/shorts/hrjzNjFVIBQ

 

2景:S氏編。現在無級・入会5ヶ月目。途中コロナでの休館があるので、実質4ヶ月。武道・格闘技未経験。46歳。風門館では、他武道・格闘技出身者も歓迎しているが、教えやすいのは未経験者の方だ。また、そういう人の方が残る。

46歳の純血風門スタイルを育てるのは、実は、初体験。だからこそ、彼の成長に、私の指導の真価がかかっているとはりきっている。運動能力も高い方だが、特別ではない。恐らく体育の成績は4だったのではないだろうか?(間違ってたらごめんなさい。)

風門館。「大人のための護身教室」が、看板に偽り有りかどうかは、彼の成長によって証明される。私としては手応えを感じている。

 

巴返しからの回転式馬乗り固め。素直に決めているのがよい。この技自体の稽古回数は多分、3~4回。初心者には難しいがと思いつつ教えたら、みんなできて、びっくりでした。

 

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/shorts/glCYz6RiTik

 

3景:T氏編。現在無級。入会歴、八咫丸氏よりも長い。もうすぐ51歳。ユーチューブ風門チャンネルで、動画再生回数を最も稼ぎ出す、風門のホープ。ボクシング経験があるとのことだったが、試合歴はないというので、風門らしく、草の根アマ仲間だと感じている。蹴り技・組み討ち未経験。

 

当初、防具式徒手総合武道である日本拳法道自体に戸惑っていたが、更に、短刀取りなどを行う、福光流併伝の風門館のあり方自体が、謎だったようだ。格闘技出身者としては当然の反応だろうと思う。

 

しかし、最近は、ようやく風門スタイルという特殊な文化にも慣れたようで、この回転式馬乗り固めも器用にこなしている。

 

鍛錬手合も、毎回、L1.5の60秒3Rをこなしている。ボクシング経験があるので、スパーの強さについても、きちんと申告できる。そういう人の方が、風門館としてはありがたい。

 

健康法として取り組む。気分を爽快にするために来る。私は、それで良いと思っている。

 

逆に、一番困るのが、何が目的か言わない人が困る。なぜなら、各個人の注文に応じて、オーダーメイドで稽古メニューを作る。それが、風門スタイルだからだ。

 

もうすぐ51歳になる。T氏の活躍もまた、風門館の理念・方向性を世に知らしめるために最大の宣伝だと思っているし、動画UPに協力してくれるT氏に感謝している。

 

他にも、5段・師範の福光雲母、3段・正指導員の千手丸氏・1級の千木丸氏を含めて、6人のメンバーで稽古している。

 

やりたいと思ったら、まずは、体験入門。それで、良かったら、三ヶ月間のトライアルコース。その3ヶ月でも決めかねたら、そこから3ヶ月の入門コース。

 

人の一生は長いようで短い。やりたいがと思って悩んでいる人がいるなら、まずは体験入門をすることを勧める。開始する年齢は、気にしなくて良い。取りあえず、最高齢の私が64歳。悪いけど、無理な稽古は一切しない。

 

外野からああだ、こうだと言われてるいのは知っているが、全く無視。私の一生は、私が責任を持つ。私が、困ったときに金を貸してくれる人などいるだろうか?

 

批判はするが、手助けはしない。そんな人間に振り回される気は、私には、全くない。

 

あなたもそうだ。人の評価など気にしなくて良い。仕事とは違う。護身だ、何だといっても、所詮、風門など世間からすれば、道楽に過ぎない。

 

しかし、その道楽が、人生を豊にする。64歳の私は、それを知っているから、風門館を猛プッシュするのだ。