風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

躰道選手権を見ての感想。2017・12・19。

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=iTfe3zpYpfA

 
躰道と言うのは、武道界でも相当マニアックな部類に入ると思う。恐らく、武道関係者でも、2・3段クラスだと知らない人が多いのではないか。
 
しかも、このアクロバティックな動きは、入るにはハードルが高い系だと思うが、この異常な盛り上がり方がすごい。
 
会場には、OBとか、選手の家族など、関係者しか来ていないと思う。
 
分かってる人にしか、わからない世界なんだろうが、逆に言うと、だから、盛り上がるとも言える。
 
分かっている人間の集まり、要するに会場も、概ね、やってる側の人間だからこその盛り上がり方なんだと思う。
 
これが、俺の理想だ。
 
現況、福岡武道館を満席にすると言えば、笑われるだろうが、日本拳法道の方が、躰道よりは、ハードルは低い。
 
やる側の人間で、福岡武道館を満席にする。東京武道館ではない。福岡武道館だ。
 
ちっちゃい夢ともいえるが、後20年かけて、果たせるかと言うと、心もとない部分はある。しかし、実現不可能とも思えない。
 
こんな異常な盛り上がり方の大会にすること。第一、俺が現役の頃は、この動画より、もっと、客席が埋まっており、応援とヤジと怒号が飛び交う中で、試合をしていた。
 
そこまで、取りあえず戻す。
 
死ぬまで、俺は、あがき続けると思うが、多分、悔いはないだろう。
 
たまたま、見た、武道関係の雑誌の1Pから、日本拳法道と出会い、来年4月で、ちょうど29年。長い付き合いをすることになってしまった。
 
正直言うと、試合に何度か出たら、元の沖縄小林流合気道に帰るつもりだった。
 
それが、まさか、こんな長い付き合いになるとは、思いもしなかったが、ここまでくると、どこまでも、いってみたくなる。
 
現在、八木山以東には、日本拳法道連盟参加の支部は、風門を入れて3支部あるが、元の種は俺がまいた。
 
けっこう連盟に貢献したと思う。
 
後、20年で、風門直系の支部を二つか三つ、それと、大学を一つ落としたい。
 
来年4月で還暦。文字取り、0から始めるつもりで、もう20年。やってみたい。
 
俺の小さな熱で、何事を生み出せるのか。今更、失うものがあるわけでもなしだからこそ。やってみたい。
 
林子平は、
 
親もなし、妻なし子なし、板木なし、金もなければ、
死にたくもなし>と詠んだが、俺の場合。後20年は、贅沢さえしなければ金には困らないと思う。
 
親もまだ元気だし、子供は、とっくの昔に、巣立って、誰の世話を焼かなければならないと言うこともない。第一ネットのおかげで、版木がある。
 
だから、死ぬ気がそもそも、0だ。
 
こうやって振り返ってみると、俺に残ったのは、日本拳法道と古術だけとなったが、それを育てて死ぬのもいいかなといよいよ思う師走の頃だ。