日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 風門館公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋 護身・総合格闘技・古武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

風門館徒然。豊前福光派古術 棒振五法:第一法:振り棒。田川郡香春町風門館本部。

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=2x0FyU6Lrxs

 

令和3年6月13日。日曜。曇り。於豊前香春風門館本部道場。

 

稽古者:A氏。

 

稽古内容:体術護身

 

棒振り五法・玉石の行・風門館当て身拳法素振り12法・歩法・体捌き

 

白内障の手術を終えて、ようやく、一ヶ月がたったので、試しに振り棒を行ってみた。

左手の絞りが出来ていないが、取りあえず、このくらいまでは、回復したと言うことで喜んでいる。

 

さて、A氏。昨年、コロナでの緊急事態宣言解除後に入会した。その後も、緊急事態宣言が二度発令され、稽古が中断されたにも関わらず、月に1~2回のペースで、淡々と稽古している。こういう姿勢が、私は好きだ。

 

54歳で、日本拳法道に入門とういうのは、度胸がいったと思うが、稽古の度に、徐々にできつつある。

 

今年の風門祭では、鍛錬手合レベル2への挑戦と、6・5級への進級を目指して努力している。

 

基本や体捌きなど、まだまだ、出来ていないところが多々あるのは当たり前のことであるが、着実に技術は伸びている。

 

風門館は、大人のための護身教室を標榜して活動している。その中でも、唯一、打撃経験0の53歳で入門し、今年54歳。月1から2回のペースで、コロナでの中断などを考えると、まさに、A氏こそが、風門の理想とするところであろう。

 

53歳で、新しい世界に飛び込む勇気が、あるだろうか?

 

我々、風門は、こういう人のチャレンジを真摯に受け止め、応援したいと考えている。