風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

第6回風門祭 審判員の服装につてのお願い。


第5回風門祭日本拳法道錬成大会 無差別級第二試合

 

https://www.youtube.com/watch?v=vSHOJVI2Ovg

 

本年11月22日。第6回風門祭が近づいております。

 

風門祭は、

 

1 日本拳法道ルールでの、交流を図り、総合系ルールにおける経験値を積む場とする。

 

2 流会派の垣根を越えて、九州・山口方面の武道・格闘技団体・個人の交流を図る場とする。

 

3 大和心復興・士道精神涵養の場とする。

 

以上の3点を掲げて、開催しています。

 

特に、一般の勝敗至上主義の競技スポーツと異なるのは、武道を通して、肉体言語としての、「大和心復興・士道精神涵養」を掲げているところです。

 

そのため、今までは、審判員の服装について、細かいお願いはしてきていませんでしたが、晴れの祭りに相応しい服装をお願いしたいと思います。

 

小さなムラ祭りでも、晴れの日は、晴れ着を着るのが、日本文化の伝統です。

 

風門祭は、規模の小さなムラ祭りではありますが、武道の祭典です。

 

選手は、皆、多忙な社会人生活を送りながら、身を削る思いで、稽古に励み、風門祭にて、激闘を繰り広げます。

 

その判定をする審判も、選手の激闘に花を添えるべく、晴れ着で、出て欲しい。それが、私の願うところです。

 

道着・ネクタイ・あるいは、各道場のロゴの入ったTシャツなどは良いと思います。

 

各流派の試合の際の審判の服装があると思いますので、審判もまた、その流儀の文化を背負って出て頂きたいと思うところです。

 

ジーパン・ジャージ・ラフな私服などは、ご遠慮ください。

 

今回は、コロナ禍の中で、やっと辿り着いた大会です。「大和心復興・士道精神涵養」の場としてふさわしい服装でお願いします。