風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

豊前福光派古術:当身・叩九之字投

www.youtube.com


https://www.youtube.com/watch?v=3wyL8hnt59A&feature=emb_title

豊前福光派古術:当身・叩九之字投

この動画を上げると、大東流を名乗る系から、パクッタ批判を何度も浴びたが、今一、釈然としなかった。

 

これは、逆一本背負いに行くと相手かそれを避け、必然的に四方投げ的になると言う技だ。その際、四方投げは、大東流しか無いと言われたが、それほど特異な技なのだろうか?逆一本背負いに入ると、知ってる相手は、必然的にこの形を取って逃げようとする。だから、九之字に固めて落とす。

 

ただ、それだけのことである。

 

私も、合気系は、八光流合気会を学んだが、四方投げは、大東流特有というのは聞いたことがなかったし、第一、それほど珍しい技とも思えなかった。

 

正直、四方投げなら、動画を見れば、基本的な技は、誰でも出来るのではないだろうか?動画で盗まれる程度の技をパクッタ。パクッタと言われてもと言う感があった。

 

第一、それほど重要なら人に教えるな。動画で公開するな。と言いたくなる。懇切丁寧に動画で解説しながら、パクッタ批判はどうなんだろうと思う。

 

ここで、合気系の人に誤解を与えたくないので、付け加えておくが、そのパクッタ批判の人は、自分の顔もさらさず、動画も見せず、大東流の免許の程度も見せず。しつこく批判してきた。

 

本人が、本当に合気柔術をやったのかどうかも分からないが、大東流の修行者を名乗り、私にパクッタ批判を繰り返したことは事実だ。

 

正直、不快感を覚えたのは確かだ。