風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

風門館徒然 豊前福光派古術 拍子取 5種。令和2年2月16日。田川郡福智町武道館


豊前福光派古術 拍子取 双羽取・見栄取・十文字・舞袈裟

 

https://www.youtube.com/watch?v=mc4ft35wYqU

 

令和二年如月9日。午前の部。晴れ。福智町武道館

 

行者:木霊丸氏・千手丸氏・常磐丸氏・K氏

 

稽古内容 体術総合・体術護身

 

豊前福光派古術素手第2法取手:拍子取(奥伝)

 

双羽取大外掛・双派取拉固・見栄取拉固・舞袈裟肩担・十文字負車・十文字負落

 

歩法・体捌き12種:踊足四方八方・追足 

受け返し稽古

 

肘3種・飛膝・上受け・下受け。

対面サンドバック・対面シャドー。

 

薙ぎ鎌:置車

 

やることが多すぎて頭が混乱しそうだが、メニューは着実に進んでいる。

 

前半は、またしても、鉄パイプで、人の頭を殴るという事件が起きたので、引き続き、鈍器への対処法を研究。本日は、そのまま古伝の古術を5種稽古した。

 

後半は、新人Kさんの進度に合わせ、歩法・体捌き。

さらに、肘の使い方も伝授。

 

受け返しで、ナイハンチンのカギ突き。肘の入れ方などを着胴で撃ち込み稽古。

 

4月になると、千手丸氏と常磐丸氏の試合用のメニューに入っていく。残り1ヶ月。K氏が、その際に、お客さんにならなくてよいよう。できるだけ、丁寧に、基本を仕込んでいく。

 

最悪の2月が、今年は、雪をみないまま過ぎようとしている。風門館も今年4月で、31周年。思えば長い道のりだったが、まだ、しぶとく生き延びている。