日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 風門館公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋 護身・総合格闘技・古武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

第5回風門祭。新着情報。9月16日。エボルートの3人目はあの立ち技のスペシャリストだった。

 
今年も風門祭が近づいているが、田舎の草の根のアマチュア・ミニ大会としては、けっこうな他流試合歴。あるいは、競技歴のある選手が集まった。
 
エボルート3人衆の一人を、私が勘違いしていたので、簡単に紹介。O選手。第3回風門祭防具立ち技之部に出場したあの選手となると、風門祭関係者ならわかるはず。KB歴10年。立ち技のスペシャリスト。
 
今回は。投げ・間接・締め・寝技10秒有りの、日本拳法道ルールにチャレンジ。さて、総合ルールではどうなるのか?そこら辺、エルボートは総合もやるので、対策は、十分だろう。
 
日本拳法道ルールは、防具総合とは言いながら、寝技10秒制限を設けることで、立ち技系が有利なようにできている。しかし、投げ有りなので、当然、投げ技のできる人間が有利である。また、寝技10秒制限ぐらいと思うだろうが、この10秒が立ち技しか知らない人間にとっては魔物なのである。
 
たかが10秒で、あっという間に寝技素人なら狩られる。最低でも、寝技10秒をしのぐ力がいる。
 
しかも、今回は、柔道二段・ブラリジリアン柔術をやり、かつ立ち技もできる風門館:童子丸(仮名)がいる。
 
それだけでも、今回は、童子丸が持って行くかと思っていたら、エルボートのK選手の経歴がすごい。完璧な総合系。これに禅道会熊本のM選手。
 
しかし、他の選手も油断ならない。風門館千手丸もこのルールでの場数が多い。さらに、稽古の時に、まさかの童子丸を片膝抑えに取る常磐丸が、指導している私でも全く読めない。雷電流の雷電選手も独特の突きと他流試合歴が半端ない経験値を持っている。
 
毎年、二人だけでも集まったらやろうと言いながら、既に今年で第5回。草深い田舎のミニ大会ながら、けっこうな実績のある選手が、今年も9名参戦。
 
この大会。質の割には、無名過ぎると思うのは私だけだろうか?カモン・マスコミ。カモン・観客。
 
いい試合見せます。
 
ちなみに、この動画はO選手とは無関係です。