風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

第4回風門祭。今年の見所情報 空手VS柔道。中量級1回戦 第2試合。2018・9・2

 
 
2018・9・2 記す。今年、令和元年秋。第5回風門祭を挙行の予定。
防具付き<巌流島・敬天愛人>ルール。日本拳法道。出場者を募集しています。また、このルールでの合同稽古会参加なども募集中です。動画は第3回風門祭の第二試合におけるH選手の熱戦風景。
 
第4回風門祭。今年の見所情報 空手VS柔道。中量級1回戦 第2試合。
 
今年の風門祭。けっこう見所が多いが、中でも一押しがこれかも知れない。
禅道会熊本 H選手。風門祭の常連組みの一人。火の国肥後生まれだけあって、その戦闘スタイルもアグレッシブ。
 
とにかく、怒濤のような打撃の雨嵐がすごい。そこでついたあだ名が、<H 火の玉BOY・阿蘇BOY K>
 
バーリトゥドゥー空手だけでなく、本場タイでもムエタイ修行経験がある、熱血漢であり、とにかく、そのラッシュ力は相手を木っ端微塵にする。まさに走る蒸気機関車のごつありますとですたい。(熊本弁風?)
 
攻めれば、日本最強を謳われた、熊本師団は、なるほど、こういう人間の集まりかとうなずかされる。
 
対する、唐武会 I選手。風門祭初登場。空手は8級ながら、柔道初段・80Kという情報しか無い。
 
不気味な存在だ。しかし、わくわくする。
 
元々、日本拳法道ルールは、アマチュア・草の根が、安全性に配慮しながら、他流試合ができるというのもコンセプトの一つだ。
 
だから、軽量防具・ポイン&KO・フルオープン制を取っている。
 
禁止技も、アマチュア競技武道・格闘技でOKな技は、ほぼ解禁で有り、誰でも、自分のベースとなる武道・格闘技の技を自由に使える。
 
これで、わくわくしないのかといいたくなるが、今一、このルールが流行らないどころか知られてさえもいないのが、不思議でならない。
 
空手バカ直撃世代で、アントニオ猪木異種格闘技戦に熱く燃えた我々の世代にとっては、他流試合は禁断の果実であった。
 
それが、合法的に、あまりにもオープンに、そして、安全に。そんな夢みたいな試合を実現したのが日本拳法道連盟なのである。
 
私にとって、日本拳法道はマンゴーであった。その果肉を十分味わい、今は、プロデーユーサーとして携われている。
 
幸福。
 
さて、バーリトゥードゥー空手&ムエタイスタイルVS空手&柔道スタイル。
どんな試合になるのか。わくわくやろ。
 
我々は、巌流島に注目しているが、巌流島のまねをしている訳では無い。日本拳法道福岡武道館は、今年11月に32回大会を向かえるのである。
 
巌流島より早く、ほぼ東の大道塾と並ぶくらいの昔から、びっくり箱のような大会を開いてきた。しかも、ここが、重要なところだが、アマチュア・草の根ための他流試合の場であるから、この種のルールの中では、最も安全性が高い。
 
わくわくしながら、買っても負けてもがっつり他流試合した翌日に、出勤できる。そこが日本拳法道ルールの売りなのである。
 
10月7日。この一戦に注目。