風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

日本拳法道の魅力。無差別というロマン。2018・9・29


理神陽流 アマチュア修斗 石井

 

 https://www.youtube.com/watch?v=85BtKsGJfRk

 
日本拳法道の魅力。無差別というロマン。2018・9・29
 
防具付きポイント&KOルールの魅力の一つに。無差別での闘いという夢がある。
 
これも、安全性に配慮した防具付きだからこそ、できることだと思う。安全に他流試合をすること。安全に無差別で闘うこと。安全に年配者でも闘えること。
 
こういうロマンが、過激なルールでは、実現しにくいが、日本拳法道ルールなら、比較的容易に出来る。
 
重ねて言うが、我々は、アマチュア草の根で有り、大会の翌日に、基本。職場に行かなければならない。
 
プロでは、ないのだから、当然、安全性と護身実用のぎりぎりの線でルールを構築しなければならない。その点、私は、日本拳法道ルールは、そのバランスの取り方が非常に優れていると確信している。
 
来週の、日曜日に迫った、第4回風門祭では、理神陽流・石井選手が、70K未満の体重で、重量級にあえてエントリーしている。
 
無差別での闘いを望んでのことだ。重量級は、福山三段が85K、谷口二段が100K超級。雷電流の雷電師範も同じく、100K超級。
 
体重差30Kの壁を、石井代表がどう乗り越えるのか。ここも、今年の風門祭の見所の一つだ。
 
昨年も、理神陽流の國武師範が、60K台で、無差別を制した。今年も、理神陽流が無差別を取るのか、あるいは、他の選手が制するのか。
 
体重別ごとのトーナメントの最後に行われる。無差別決勝。柔よく剛を制すの日本武道のロマンが実現するのかどうか?楽しみなところである。
 
ちなみに、この動画は、石井選手の今年のアマシュート参戦の様子。
 
立ってよし、寝てよしのオールラウンドプレイヤー。石井選手に注目だ。