日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 風門館公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋 護身・総合格闘技・古武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

平成30年記念福岡県武道大会参加。2018・9・30


風門の儀2018。平成30年記念福岡県武道大会。日本拳法道。試合演武。

 

https://www.youtube.com/watch?v=rLG7E-J2e2s

 
平成30年9月30日。日曜日。台風の影響を心配するも無事開催。於福岡武道館
 
行者:木霊丸氏・千手丸氏・獅子丸氏・磐音丸氏・初音丸氏・常磐丸氏。
 
ゲスト。雷電流。雷電師範。
 
内容。
 
1 日本拳法乱取り競技法を実技を交えながら、演武形式で説明。5:30秒
 
2 福山三段・谷口二段による試合演武。2分。(所要時間3分)
 
3 持ち時間12分であったので、おおよそ9分弱で終わったから、流れとしてはスムーズだった。
 
4 反応。自己満足かも知れないが、けっこう大きな拍手をいただき、成功だったと考えている。
 
5 次年度へ向けて。門中の意見次第だが、次年度開催されるようなら、是非、参加したい。来年は、日本拳法道形と古術福光派の拍子取りなど演武してから、試合演武という流れを考えている。
 
さて、概略を列記したが、けっこうトーナメントとは、別の緊張を強いられた。
 
参加団体25。総勢200数十名。しかも、並み居る有名流儀ばかりで、その中で、風門の演武がどこまで通用するのか?
 
けっこう緊張ものだった。特に、古武道の出場が多数であったので、うちのような新興武道は、浮き上がるかなと思ったが、意外と流れもスムーズで、反応も良かった。
 
まず、県内においても、日本拳法道という名前自体知られていないので、まずは、福岡県内の武道関係者に、日本拳法道の存在とその乱取り法を紹介できたことは画期的なことだったのではないかと自画自賛している。
 
出場費用などのネックはあるが、全員が、トーナメントに参加できる訳ではない。また、いつまでもトーナメント参加というわけにもいかない。
 
トーナメントには参加できない門中や、現役引退後の年配者の晴れの舞台としてこういう場は必要では無いかと思っている。
 
風門は、民主的なので、最後は門中寄り合いで決定するが、私としては、今後もこういう演武形式の大会などに呼ばれれば、積極的に出てゆきたいと考えている。
 
何は、ともあれ、台風の影響が心配される中で、思ったほど支障なく大会が成功できたのも、今上陛下の徳だろうと私は考えている。
 
次年度。どうなるのか。分からないが、声が掛かれば是非参加したいと考えているところである。