風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

ストロング本能。青木真也

f:id:huumonkan:20190402235905j:plain

ストロング本能。青木真也

いやあ。おもしろかった。一部。異論はあるけど、90%以上。御意。

俺って、最近、格闘技には興味が無いので、青木真也も名前だけ知ってるけど

どんな試合するのかとか、未だに見たこともない。

 

ただ、格闘家としては、有名だと言うことと、けっこう評判悪いという風聞を聞いていた。

 

前著「空気を読むな」で、知ったので、格闘家と言うより、作家としての彼の方をよく知っている。

 

前回も面白かったけど、完成度は今回の方が高い。

 

一番印象に残ったのは、格闘技は勝負よりも過程とかに意味があり、

自分を表現する手段だと言い切ってるところ。

 

ああ。いたんだなと思った。実は、風門がまったくそう。

 

風門にとって、武道は、自らの美意識の発露の場で有り、表現手段の一つだという考えでやってるので、競技における勝敗は、重要視していない。

 

もちろん、競技である以上。負けるより勝った方がいことは分かりきっているので、

当然勝つための稽古は積む。

 

しかし、勝敗より自らの美意識の表現手段という考えの方が

圧倒的にウエイトが大きい。

 

一流選手の、青木真也が同じ考えなので、

しかも、格闘技の世界の人間がそいうのに驚いたし、

やっぱり、今の風門でいいんだと安心した。

 

他にも、試合に向けてのメニューの組み方の発想とか勉強になった。

 

当分。バイブル。