風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

日本拳法道の特徴

 


格闘フェスタ2018・第32回セイフティ格闘技選手権 第3試合。

 日本拳法道の特徴

日本拳法道は、打撃・組討・関節・寝技(ただし10秒制限ルール)の全てを含む。その上で、軽量防具を使用し、安全かつ実戦的な他流試合を行うところにその特徴がある。日本拳法との違いは、日本拳法では禁じ手となっているローキック・ハイキックの実撃、足関節、締めなども有効技とされ、極めて禁じ手の少ない乱取り競技法を設定している点にある。また、その大会もオープントーナメントであり、禁止事項がほとんどないために自分の出身母体の武道・格闘技の技術がほとんどそのまま使えるという画期的な乱取り競技法を採用しているところに大きな魅力がある。

 

過去30年以上にわたって、各派空手、拳法、キックボクシング、柔道、ブラジリアン柔術、アマレスなどと他流試合を行って来た結果、本流儀は源流の日本拳法からは幾分技術的に乖離した部分も多くなっている。しかし、最短距離を最速の拳で打ち抜くことを理想とする拳風は、未だに衰えることはない。日本拳法がキック化するとこうなるだろうと言うのが一番分かりやすい説明かも知れない。