風門館 大人のための護身教室 日本拳法道連盟・豊前福光派古術連盟 公式ブログ

田川・筑豊・北九州・行橋  護身術・日本拳法道・グローブ空手・総合格闘技・総合武道 風門館HP http://www5.atwiki.jp/wotoko/

日常つらつらに

My Last song みんな夢の中  

みんな夢の中 高田恭子 https://www.youtube.com/watch?v=7zLQJ7LywLQ 俺の葬送曲も何曲になるか分からないが、最後は、これで締めくくりたい。男は、恋に生きないが、志という夢の中に生きる。 大和心復興。この戦後GHQ体制の中では、むなしい響きだった…

My Request 葬送曲10番 Sandy Desert

三味線 (シャンズ) "グレートサンディ砂漠"__"Sandy Desert" モンゴル国 https://www.youtube.com/watch?v=3ererS_wpyY 俺って、子供の頃から変わり者だった。まあ、考えてみれば当たりまえよねち思う。 古術者教育徹底してたから。人には言えないし。世…

小石原焼

馬庵このみで、もっと飲みたかったが、家に日本酒を用意していると言うので、そのままま、新音丸の家に。酒好きは福光党の悪弊だが、どうにもならない。 特に、新音丸の場合。若い頃から、日本酒好きという怖さ。 土佐鶴は銘品だけに、美味かった。笑えたの…

筑後吉井 地酒祭りやろ。

旅先での楽しみの一つが、その当地の地酒を買うこと。従兄弟からサントリーの響きをもらってから、久し振りに飲み続けだったので、迷いながらも、やはり珍しい酒があると手が出る。 本当は、地元の日本酒と巨峰ワインも買いたかったが、今回は、がまんした。…

馬庵このみ:について2

馬庵このみ:について2 筑後吉井と言うのは、完全な農村地帯と思い込んでいた。 だけに、この店のお洒落度に驚いた。 馬刺しも旨かったが、この馬のホルモンも抜群に旨かった。最初はタレを頼み、旨かったので次に塩を頼んだが、どちらも捨てがたい。 しか…

九州筑後吉井・馬庵 このみ。

同じ福岡県民ながら、豊前人にとって、筑後は縁が薄い。むしろ、大分県の豊前中津や豊後日田の方が縁がある。 この筑後吉井も私は、初めて行った。 手前の杷木や原鶴温泉までは行くが、筑後川を越えるということがなかった。 田舎だろうと思っていったが、意…

憧れ遊び?

忠臣蔵憧れ遊び・愛しき日々 堀内孝雄 https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=Y3Lr76BRyuY このシリーズ。ほんと好きだった。歴史小説は、いいのが出てるが、最近の時代劇は、どれも小粒。というか、本格的な時代劇そのものがない。 日本。どうな…

馬鹿者。

もう二度と酒は見たくないと言ってから、わずか4日目。少しだけ味見がしたくなった私は、馬鹿でしょうか?その代わり超極薄のハイボールで、少しだけいただきます。

沢庵漬け。

今年は、大根が豊作だったので、久しぶりに沢庵漬けをしてみた。 いままで、猿にやられるので、沢庵漬けに回す余裕がなかったが、一昨年。 ついに電気柵を導入してから、 うちでも、安心して大根を大量に作られるようになった。 そこへもってきて、大豊作。 …

籠城しても酒は飲む。蔵の神。旨すぎていかんが。籠城戦流2019・4・10

昨日は、午前中は、パート。しかも。今日は休み。それに+。雨が降ったので、畑仕事も休業。腰も限界。 休みの日に、だらあっと。昼間から酒を飲む。快楽。俺の場合。肝臓も腎臓も数値が悪いので、酒は極力飲まないようにしてるんだけど、無理。 二日断酒す…

湖面と桜。豊前香春 2019・3・31

私の田舎では、農業用の貯水池のことを<堤>と呼ぶ。 この堤は、新しいので<新堤>と呼ばれている。 毎年、春になると、ご近所さんが畑に植えた桜の若木が、この湖面にせり出し、 何とも言えぬ風情を醸し出す。私の好きな風景だ。 今年は。水鳥の撮影にも…

You`re Only Lonely My Request 葬送曲第1番

You're Only Lonely [日本語訳・英詞付き] J・D サウザー 何度、聴いても、この曲が一番好きかも知れない。 俺の葬式の時には、この曲流して欲しいわ。 1979年。俺が、大学2年の時か。当時は石油ショックの後で、俺の大学の卒業生の進路掲示板は悲惨だった…

悲しみの果て エレファントカシマシ

悲しみの果て https://www.youtube.com/watch?v=2WzTcJwIOtI&list=RDjKly6BJtnRw&index=9 ヤフブロのサービス停止を受けて、今、貴重な資料・写真をはてなブログに疎開させてるんだけど。 もう、絶望的。何しろ。07年10月頃から始めて、19年2月まで書…

鉢盛り人生。

昨日は、従兄弟と従兄弟の長男が来て、盛り上がった。こういう行事になると妹夫婦がハイエナのようにかぎつけてやってくる。総勢。8人で、飲んで、話して、食ってで、相当盛り上がった。田舎では、何事かあると。即、鉢盛り。余所はどうか知らないが、香春…

一青窈のカバー曲

一青窈(昭和歌謡メドレー 恋の奴隷~ https://www.youtube.com/watch?v=0US0cX0hJHY 最近、一青窈のカバー曲にはまってるが、ファッションもいい。大正浪漫風のモガスタイルで、昭和の名曲を歌う。しかし、そこはやはり一青窈。古さを感じさせないから、ぐ…

伊藤蘭・年下の男の子。

年下の男の子 反転 昔から、蘭ちゃんのことは、いけてる姉ちゃんと思ってきた。 そしたら、もう64歳だとか。なるほど俺より4つ上なのか と感心してる。 それで、いけてる姉ちゃんだと思ったわけだ。 しかし、最近の伊藤蘭は、また、昔とは違った魅力があ…

他人の関係。一青窈。

他人の関係/一青窈 最近、一青窈の昭和名曲カバーにはまってる。歌がうまい。 ハナミズキの一青窈とは、別の、怪しい色香というか。 妖艶な感じが。ぞくそくする。あんまり好みのタイプではなかったが、 この歌で迫られたら、田んぼ売ってもいいと思う。 つ…